上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
雪山シーズンになったので、テンプレートも冬バージョンに。
カミホロの冬景色です。

日曜日はお久しぶりのBのちゃんと。
土曜の晩まで、スキーにするか山にするか??などとあれこれ悩んで、お天気のおだやかそうな支笏湖畔のイチャンコッペ山へ。

支笏湖に下りるヘアピンカーブから。
昔この界隈はスキーで滑ったことはあったけれど、こんなところに登山口あるなんて、知らなかった!(笑)

正直この山は「夏山ガイド」で見ても、グリーンシーズンに登る気には、あまりならない。。。
緑がうっそうとして山頂の眺望もイマイチだし。
この日も雪・曇り混じりで見晴らしはどうかなぁ~? ま、ここまで来たし、せっかくだから一応登ってみますか?!という感じで歩き始めました。
5合目では周囲もガスで真っ白で暗い感じ。あ~あ~、やっぱり今日はダメかな?
と、のんびりお茶タイム。
おしゃべりは登山口からずぅ~っと(笑)

DSCN0974.jpg
それが、見晴らしの良い8合目に着いたとき、な、なんと急に空が青くなってきました。
!(^_^)/わ~い!

DSCN0980.jpg
後ろと振り返ると、支笏湖の向こうに見えるはずの風不死岳が、雲の切れ間から頭だけ。
左には樽前山も見えるはずなのだけど・・・
(この後一瞬だけ、流れる雲の向こうに真っ白な樽前が見えた)

DSCN0984.jpg
こうやって上だけ切り取ると、ネパールかどこかの高山に見えない?!
手前に笹が写ってたらやっぱりだめ?
とかはしゃぎながら。。
山頂から戻ってきた女性4人グループともお互いにシャッターを押しあって、ちらりと見える眺望を楽しんだり。

DSCN0986.jpg
山頂は平坦で広く、野球もできそうな広さ。
4本爪のアイゼンも持参したけれど、山頂まで長靴でOK~

DSCN0996.jpg
先ほどの8合目まで戻ると、今度は眼下、ガスの合間に光る支笏湖の湖面が見えてきた。
なんだか幻想的な風景にしばらく見入ってしまう。

DSCN1008.jpg
少し高度を下げると、風不死までの支笏湖が見えてきました。

DSCN1017.jpg
小人が出てきそうな、松のトンネルを抜けて。

DSCN1025.jpg
午後2時ごろには空もすっかり晴れてきた。
おとなりの紋別岳。山頂の電波塔も。

DSCN1021.jpg
この日は恵庭岳は最後まで姿を見せず。
風不死岳が主役だったかな?!
今度は天気のもっといい日に幌平山経由で来てみたい。

2017.12.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/922-8e6419a1
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。