上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
富岸川、トミキシ…?じゃなくてトンケシ川と読むそうな。
飛生(トビウ)川といい、胆振地方には難読川名が多いのかしらん???
どちらも町名にもなっているので、地元にとっては当たり前の読み方なのですね、きっと。

ここ2年くらい、記録をよく目にする、と同時にダニ、って文字もよく目に飛び込んできていた。
南向きだし、ここは紅葉シーズンに行くしかないな~ と、タイミングを見計らっておりました。


カムイヌプリ登山口のすぐ左手、このゲートからスタート。
しようと思ったら、ちょうど登山口から登る方に「沢から行くの?これから源頭の笹刈りに行くからね」と声をかけられました。

03_20171030185911da2.jpg
林道歩きは40分ほどでしょうか。
入渓地点。
ここまでも紅葉がとても目にまぶしい。
前日の日高よりももっと赤い色が多い気がする。

02_201710301859119d8.jpg
テムレスを履いてる人がいますが、そこまでは寒くないっす(笑)

04_2017103018591392d.jpg
とはいえ、もちろんドボンはいや~(このところ、毎回書いてる気がする)

05_20171030185914bfd.jpg
南向きの沢は明るくてよい!
秋は南にかぎる。

06_20171030185916b66.jpg
大した深さでもないけれど、ついつい慎重に一本橋渡り

07_20171030185917a0e.jpg
夏なら水浴びしたいところ
真夏にはおそらく来ないだろうけど  

DSCN0707.jpg  08_2017103018591950f.jpg
ぶら~~ん  って
あれれ、こざるの十八番取られちゃった?!

09_20171030185920003.jpg
落葉

 10_20171030185922369.jpg
小滝がちょいちょい出てきて楽しめます
暖かくてざぶざぶ行ける時期だと、ちょっと簡単すぎるかな

11_20171030185923566.jpg
ここは足長族に念のためのロープをもらってしまった

12_2017103018592533a.jpg
身長を超える滝は、この2か所くらい

13_20171030185926edb.jpg
振り返ると笹の上の紅葉がぽかぽか陽気を際立たせている
ときどき、枯れ葉の甘い香りが漂ってくる
ほんわかした気分になれる、晩秋の沢歩き

14_2017103018592826b.jpg
徐々に流れも細くなってきて、そろそろ刈り分け道も近いのかな?
と、地図を周囲をにらめっこ

15_20171030185929ad8.jpg
刈り分けにうまくぶち当たり、沢が終了すると、↑こんな感じの背の低い草斜面でした
更に高度を上げていくと、綺麗に道のつけられた笹薮。
スタート時に下でお会いした方と再会。
感謝感謝です。

夏道からは間違って下ってしまわないよう、敢えて目立たないように処理されていました。

16_20171030185931354.jpg
室蘭岳との縦走路にもなっているので、この日も多くの人と行き交う。

17_20171030185932811.jpg 
室蘭方向
ワイドに太平洋が見渡せて、なかなか良い景色

18_20171030185934915.jpg
カムイヌプリ三角点から北、オロフレ峠方向も晴れていました

19_201710301859351d9.jpg
山頂付近はもう葉が落ちてしまっていましたが、下るにつれて再び紅葉のトンネル。
カムイヒュッテ周辺が一番きれいでした

20_20171030185938339.jpg
のんびり登って・珈琲タイムして・下山して 4時間!
これまたなんてお手軽に楽しめるのでしょう♪
秋の定番にしてもいいくらい、オススメのお手軽沢でした。

【登山口横ゲート9:00→入渓点9:40→入渓9:50→5mの滝(Co420)10:35→Co570右手刈り分けへ11:24→三角点(Co750)11:50~12:30→山頂標識12:38→七合目13:00→ヒュッテ13:07→登山口13:48【行動時間4h05min/高低差566m/距離8.7㎞】
2017.10.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/919-845f4669
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。