FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
新版「北海道の山と谷」に掲載されて話題になっている、支笏湖畔は丹鳴川からの丹鳴岳に行ってみました。
流行モノには普段あまり反応しないんですけど、たまには新鮮なうちに。
地形図や皆さんの意見を読むに、山頂からの眺望(だけ?)が売りのようだなぁ。。。
と思いつつ(笑)

美笛キャンプ場の林道終点に車を置き、20分ほど林道を行って橋から入渓。
早速、綺麗な釜が出迎えてくれます。
噂通りの青い水
01_201709221821088ef.jpg
魚影もあり

03_20170922182110c1a.jpg
何となく、倒木すらも絵のバランスを取っているかのような

02_20170922182110026.jpg
寒くはないけれど、もう暑くもない。
出来るだけ濡れたくないなぁ

04_20170922182112656.jpg
あ、ここも魚が!

05_20170922182113d27.jpg
綺麗な水の沢は魚が少ないのかと思っていたけれど、そんなことないのね。

07_2017092218211637e.jpg 

08_20170922182118ed0.jpg
赤い三角看板は、以前何か開発でもした跡なのかと思いきや、真新しいものでした。

09_20170922182119502.jpg
4つ目の三角看板から先は、あり難いことに笹刈りされ、漁岳の笹トンネルよりもよほど歩きやすいです。

11_20170922182122e70.jpg
 不思議な鍬の残置。
塩ビ管は岩にちょっと刺さっているだけなのに、結構チョロチョロと水も出て、このすぐ上の平地にはテントも張れそう。支笏湖ももう見えてきます。
13_20170922182125e64.jpg
この辺からの眺め。

10_20170922182121bca.jpg
ご丁寧にピンテまで打ってあります。

15_201709221821298dc.jpg
コルから藪を抜けると、一気に視界が開けました!

14_20170922182127375.jpg
湖の対岸には風不死がどお~んと

16_20170922182130586.jpg
山頂看板は、三角点のもう少し奥に

17_20170922182132ded.jpg
普段見ない向きからの恵庭岳

18_20170922182133b5c.jpg
山頂から180°ぐるりの景色が見ものですね、この山は。
白老三山も思ったより近く(写真より右)胆振の山々まで見渡せました。

タイム
6:51車→7:10入渓→8:46▲1→9:32▲2→10:24▲3→10:40鍬&▲4→11:31(~12:00)山頂→15:45車【行動時間8h/高低差770m/距離11.4㎞】
s-IMG_0229.jpg


2017.09.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/910-2150856b
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。