上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2本で沢納めをした後は高度感のある山歩きを計画していたが、あいにくの天気で鎖場はパス。
南牧村のさらに奥、群馬県と長野県の境目にあるという洞穴群を目指して移動してみた。

道中の道路わきから既にこんなゴルジュ。
蝉の谷というらしい。
両岸は秩父群のチャート(=硬質の珪酸分に富んだ堆積岩)であり、衝撃に弱く砕けやすい。
このため洪水時に河床を転がってきた大岩が川底のチャートを砕き、河床面を下げていったと考えられている、とのこと。(立て看板より)
蝉は「狭水」の転訛とか。ほお~~~
ゴルジュ一つにもものがたりあり、ですな。

IMG_2592.jpg
確かにすごいのです、ここの景観。
南牧村の奥にのびる県道93号線沿なんだけど、車でぶーっと通り過ぎちゃうにはちょっともったいない。

IMG_2597.jpg
だんだんと道は狭くなり、108号と分けるあたりからかなり通行も怪しくなってきて~
ついに通行止めの看板に阻まれた!と、苦労しつつUターンを試みていると、ユンボだけおろしてトラックが戻ってきた。
聞いてみると、峠は崩れてて通行止めだけどもう少し先まで行けると思うよ、とのこと。
たどり着くまでが既に冒険じゃ、、、

IMG_2626.jpg
道の両脇はこんな切り立った岩壁。紅葉綺麗~
ま、本州はこういうところ多いけれど、北海道に慣らされた目には少々新鮮かも。

IMG_2622.jpg
なんとか本当の通行止めの手前の広川原集落(跡?)へ到着。
シーンとして不思議な雰囲気。
もちろん携帯の電波はない。
IMG_2603.jpg
集落の小川をこえると禅昌寺というこれまたしーんとしたお寺がある。
お堂の壁に書かれた落書きも時代を感じさせるものばかり
誰それ1977年●月△日 とか
これ書いたのって団塊の世代の人達じゃない?とか。。。相合傘の中のふたりは今頃どうなってることやら~なんて思ってしまう(笑)

a-P1040619_1600.jpg
本堂の裏からずっとお地蔵さんが続いている。一体として同じ姿はなく、、、
どれも寄進されたものらしいが、地元だけでなくかなり広範囲からのもので驚く。
この、打ち捨てられたような、と言っては失礼だが、ここのお寺に何かの縁でもあるのだろうか???

IMG_2601.jpg IMG_2605.jpg

10分くらい歩いて行くと、やっとひとつめの洞穴があった。
a-P1040621_1600.jpg
鏡穴、と書いてあるが、穴らしきものは見当たらず、滝?

更に登っていくと、あった。
a-P1040632_1600.jpg
解説佐久市のホームページにも地底湖、なんて書いてあるから期待したけれど、5m先に水たまりが見えただけだった。
それ以上奥はちょっと入る気にはならず。。。
なんせこのところ揺れる日本列島ですからねぇ
その昔はこんなことしてた人達もいたようですが↓。。。
信州秘境決死の抜け穴
ビビリなうちらには、無理!
というか、この人たちが潜ってる「抜穴」も前まで行ってみたけれど、どこが穴だか分からないような状態だった。やっぱりもう崩れてしまったのかなぁ。。。

IMG_2616.jpg
洞穴から出るともっと上にも踏み跡が続いていたのでぐるっと一周してみた。
どうも洞穴のある小山全体がこんな風に穴ぼこぼこの岩体になっているみたい。
こんなところなら確かに落ち武者が潜んだり、修験者(?)が修行したり、なんてことはあったかもな~

a-P1040638_1600.jpg
なんて、寺から下りてきて集落を一周すると、まるでさっきとは別の世界にきてしまったような錯覚にとらわれるから不思議。
錯覚じゃなくて、車も消えていたら大変だけど


2013.11.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/865-bbe686c5
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。