FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
北海道の11月は寒いばかりで雪もなし・・・
と、向かった先は四国の名峰・石鎚山

まずはロープウェーで石鎚神社成就社まで

成就社のご本尊(神社ではなんていうの???)は石鎚山本峰。
参拝所の奥がガラス張りになっていてまさに山頂が望めるのだが、この日はあいにくガスが出ていて見えず。
成就社から先は聖域。古来から信仰の対象となった御山。

IMGP7914.jpg
中宮から一旦下り、見晴らしのいい鞍部を越えると本格的な登りとなる。
鞍部に出て一瞬目を疑う。
満開の桜・・・?
なわけはない。ここ数日の冷え込みで北側の樹木にびっしりと霧氷がついている。
午後には消えてしまうだろうこの景色にしばし見とれる。


IMGP7904.jpg
一の鎖
以前は初夏に来たのでそれほどでもなかったけれど、11月ともなると握る鎖の冷たいこと。。。
グローブを通して手の深部まで冷たさが伝わってくる。
もちろん手を放したら死んでしまうので結構真剣に登る。

鎖場の先は階段が設けられていて現代の登山者はさほど危険なく登れるのだけど、岩山は急峻(というかほとんど垂直)で、修行のためとはいえ、この御山を素で登った先人たちの身体能力の高さに驚いてしまう。

IMGP7918.jpg
階段は日の当たらない北面を行くので、随所でこうした自然の芸術がみられた。

IMGP7932.jpg
下りでは溶けかけの霧氷がなんともいえないはかなく美しい姿を呈していて、これまた感動する。

IMGP7923.jpg
山頂付近。道産子もびっくり、なエビの尻尾。

IMGP7930.jpg
強風でガスっていた山頂だが、ちょうど登頂したころにガスが切れ、天狗岳がくっきりと姿を現す。
さすがにこの時期に天狗岳まで足を伸ばす人はいない。
というか、なんだか神々しくて、とても近寄る気にもならない。

IMGP7927.jpg
四国山地を眺める

IMGP7936.jpg
三ノ鎖は当面工事中のようでした
2012.11.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/841-439c50e3
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。