FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
そろそろ釣りも最後。道東方面を目指して札幌を発ったはずだが、南日高に予定変更。
道中、コンビニPでSakagさんをお見かけしでしばし談笑。
既に早朝から天狗岳を登って、札幌からの合流組を待っていらっしゃるとのこと。
さすがです!

入渓

紅葉が美しい

なんと!釣り師Pさんは一匹目で尺イワナ
IMGP7831.jpg
もう満足しちゃったって…早すぎでしょ!

IMGP7832.jpg
雰囲気は良いのだけど、いかんせん川幅が広い。私はウェダーを持っておらず、いつも通りの沢装備だけれどさすがに腰まで水に浸かる気にはならないし
ぼうずのまま昼となって、場所を移動

行った先はとても小さな支流。そこへ産卵の鮭が沢山遡上してきていました。
自分的には全くアタリがないように感じるのだけど、同じ場所に糸を垂らしたPさんには「たくさんいるじゃない!」と言われる始末えぇぇ~、全然分からん

夏場と違って水温が下がると魚の動きも不活発になるし、餌も気が向かないと(?)食べてくれないみたい。
しばし練習タイム。

IMGP7835.jpg
と、しばらくして、やった~~~~!いまだかつて釣ったこともないような大きなイワナをGETいたしました

IMGP7838.jpg
ふと足元に目を向ければ頭だけが食いちぎられたホッチャレが。。。このあたりのクマゴロウさんは贅沢ですね?!

薪ストーブがありがたい楽古山荘にて釣果に乾杯肴はもちろん、バターソテーになったイワナ君&ヤマメさん。

宴もたけなわとなったころ現れたのはO労のYさん達御一行様。
これまた更に盛り上がって夜は更けゆくのでした

IMGP7846.jpg
紅葉真っ盛りの楽古山荘を後に翌日は猿留山道の散策

IMGP7848.jpg
発砲禁止看板がある割にはあちこちから「パーン、パーン」と発砲音が聞こえてくる。
増えすぎの鹿を考えると、鹿撃ち自体には賛成だけれど、そんな音のこだまする山歩きは気持ちの良いものではない。禁猟区域が狭すぎるのか、それとも無法者のハンターがいるのか、、、どちらにしても流れ弾だけは勘弁してほしい。

IMGP7849.jpg
ベニテングタケと(ニガ?)クリタケ。秋の風景は見るだけにしておく。
猿留山道は江戸時代に幕府により開削された道内初の官営道路とのこと。伊能忠敬も松浦武四郎も歩いたらしい。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/chiiki-joho/mmagazine/vol49.pdf
どんな人たちが歩いたんだろうね、馬が多かったのかねぇ、、、なんてしゃべりながらのんびり散歩。

IMGP7855.jpg
観音岳とのコルに出ると豊似湖が見えてきた。ハート形らしいけれど、ちょっと木に邪魔されて全景が見えない。

IMGP7864.jpg
30分ほどで湖面まで下りられた。この下にも駐車場があって、そこから上がってくる人の方が多いらしい。
水面を覗くと、水深は急激に深くなっている様子。
帰ってきてから知ったのだけど、日高唯一の自然湖でなおかつナキウサギも生息しているとのこと。えっ!標高300mにも満たないこの場所に???

IMGP7871.jpg
沢登りをしていると山上の湖や湿原に行くことは多いけれど、どこも静かで独特の雰囲気があるな~
山道を引き返して終了。無事、熊にも遭わず、鉄砲にも撃たれず帰札できましたとさ。
2012.10.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/837-c8f7b882
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。