FC2ブログ
湯内沢の興奮冷めやらぬ七夕の夕べは賀老高原でテント泊
P7070121_20120712141953.jpg
夕暮れまでのひとときは魚と戯れてみた
IMGP6555.jpg
酒の肴GET

心地よい疲労感の中、深酒することもなく
テントの外は満天の星だった

翌朝は朝日が沢床に差し込む前に、いざ出発!
P7080143.jpg
わーい、滑が気持ちいい~

P7080159.jpg


そこそこの緊張感を持って臨める滝が何度か出現。
水浴びするには涼しい気温なので、濡れない程度にほぼ直登。

下からも見えていたけれど、予想以上に早く雪渓出現
IMGP6576.jpg
7月であろうと、雪渓周辺は早春であることには違いない。
下界の植生を2か月くらい巻き戻したかのような発芽と芽吹きがみずみずしい。
山の恵みも少々いただく。


IMGP6578.jpg
沢が屈曲した先の雪の厚さは見えないけれど、慎重に上を行くしかない。
間隔をあけて、緊張しつつ歩を進める。

IMGP6574.jpg
30mの大滝は前回は左岸から直登したのに、すっかり忘却の彼方。
とても登れるわけないと思い込んで観察もしなかった(反省)
で、右岸の灌木と岩のバンドを利用して枝沢に這い上がったのだが、ここが脆くていやらしい。
ラクを胸に受けて危うく事故るところだった。
実際には掴んだ草付を握りしめてふみとどまったのだが、落ちたかもしれない、という恐怖の残響が胸にこだまする。
平静に戻るまでの仲間のフォローがありがたかった。

シンプルに高捲くつもりだったが、枝沢が意外にしっかりと続いているので、沢身に下りる崖と雪渓を嫌って枝沢をしばらくたどった。
そんなところ、誰も行かないかな?と思ったが、さんまのかば焼きの空き缶が落ちていたので、他にも通った人がいるらしい。「さんまのかば焼き」で思い当たる人は約1名いるけれど・・・

IMGP6580.jpg
笹が薄くなった辺りで本流に戻ろうとすると、またもや巨大な雪渓。
その上に熊の足跡も発見する。
雪渓の端は荒々しいけれど、M王さんのナイスルーファイに導かれ、本流(多分)に戻る。
写真の垂壁は左岸から楽に巻けた。
この先で山容が穏やかになってくる

P7080170.jpg  IMGP6585.jpg
源頭からは草原が広がる。
つい数日前まで雪に覆われていたような、昨秋の枯草原にところどころ若葉が芽吹いている

笹薮漕ぎは15分程度で再び草原になると、ほどなくして夏道に出た。
ところどころ笹の覆いかぶさる夏道。
この辺に出てきたら、登山道に気付けないかもしれない?!なんて思いながら、山頂へ向かう。

IMGP6588.jpg
力を合わせて山頂ゲット!
予想以上に充実の遡行に満足いたしました。二日間、同行してくださった皆様どうもありがとうございました!

iさんkさん、写真使わせていただきました。

IMGP6594.jpg
夏道下山。新鮮なシラネアオイがまだ咲いていた
2012.07.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/822-e960a091