FC2ブログ
先週の興奮も冷めやらぬまま、またもやお羊様詣でにでかけてきました
この日は12年前の山スキーデビュー時にご一緒したボーダーみやさんとスキーヤーキタちゃんと。
あ、二人ともスノーシューだ・・・
h1
陽光を反射する斜面に若干の不安を抱えながら歩き出す

h2
案の定、すぐにシールが効かなくなって、アイゼンに履き替え

いきなりお釜です!
h3
なわけはなく、5時間近くかかりました

サイボーグ的心臓をお持ちのみやさんは既に一本滑走して登り返し済み見習わねばっ
h4
状態のよさそうな北西側からの斜面を選んで3人で滑走

h5
写真では黒い点にしか見えませんが、真狩側から登ってきた人たちも数多く。
実はこの中に先週白井岳でばったり会ったdaiさんもいたことが、下山後判明

h6
ガリガリ&シュカブラだったらしい真狩側の斜面

なんじゃこりゃ?!
h7
と、自分でも思った(笑)お釜のボトムで寝っ転がって撮った、頭の上。

hwide2
同じくボトムから360度ぐるりと見上げる、の図

羊蹄のお釜は一昨年、一度滑ったことがあるけれど、ガスかかって方向感覚も上下感覚も喪失
快晴のお釜ボトムは初めて感動~

h8
寝っ転がって大満喫、の図

青空がまぶしいっ
h9
お釜は滑ったら必ず登り返し。
怪我をしてはいけませんな・・・なんて話しながら。

h10
先週のパウダーとはうって変わって春山ですよ

h11
日射で程よくゆるんだ雪は滑りやすい!キタちゃんダイナミック滑走

h12
最後のパイプは若干ストップ雪混じりなるも、上から下まで快適な春のお山でした

IMGP5893.jpg
5号線から望む羊蹄山

お釜で昼寝をしながらふと思い出した羊蹄の湧き水
お釜の底から浸潤して、何年も経って湧き出ているという
実際にはお釜の底だけじゃないと思うけど・・・
moblog_e9c70936.jpg
帰りには京極に立ち寄って、お山の中の(?)恵みもいただいてきました


2012.04.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/805-9989559a