FC2ブログ
南九州で沢納め、転じて、ぶらぶら旅に出かけてきた。
でもなぜか、カメラに残っている写真はこんなのばかり
おかしいなぁ、沢登はしてないはずなのに・・・

宮崎県は日向灘を臨む尾鈴山山塊の幕府軍、もとい、瀑布群です。
写真上段右は‘矢研の滝‘といって日本の滝百選にもエントリー。落差73mというから規模としてはそれほど大きくない。
とはいえ、登れはしないですね。
木が繁茂してよく見えないのが残念。
みやざきの神話と伝承;こんな昔話があるのも、いかにも九州らしい。

a4_20111109182049.jpg
お次は海に下って日向岬です。
こちらも激しく柱状節理な岬の割れ目に波が打ち寄せています。
面白かったのは、岬のたもとにあった国土地理院の潮位検収場(写真右下)。なかなか趣のある建物ですね。
潮と暴風雨にさらされてもびくともしないんだろうから、質実剛健、と言ったほうが正しいのだとは思いますが。。。
このあたりは釣り人だらけでした。
岩場の凹凸が激しくて、いい釣り場なんだろうな~

やっとたどり着きました、最初の目的地高千穂峡
b1.jpg
以前にも来たことがあるのだけど、今回はいわゆるボート乗り場(写真右)から少し離れた駐車場に停めたので、却って谷を満喫できました。阿蘇山の溶岩流を五ケ瀬川が侵食してこんなことになってるんですね。。。
b4_20111109184440.jpg
柱状節理は層雲峡でも道内の沢でもあちこちで目にしているけれど、これだけの規模の谷はなかなか壮観。しかも遊歩道を歩いて、眼下に見下ろせるのは
水の青さと岩の壮大さに圧倒され、この上流部に「天岩戸神社」があるのも頷けますなぁ

山に登って、海に下りて、渓谷を歩いたら残るのは地中です(?!)
鍾乳洞の中では全てが妖怪に見える件・・・のようなって冗談はさておき。
d1_20111109190854.jpg
急流で名高い球磨川の脇にある球泉洞
岩手・龍泉洞のような地底湖はないけれど、ヘタな色とりどりの照明もないし、余計な立て看板もなく気持ちよく見ることの出来る鍾乳洞。
3億年前に隆起した海底石灰岩層が侵食されたもの、と推定されているらしい。

ホント、日本のどこを旅しても思うのが、国じゅうのひだひだを全部平らに均したら、日本はどれだけ広大な国土を持っているんだろう???って。
おかしいけれど、そんなことを考えてしまう。

人の心のひだも興味深いけれど、地球の表面のひだも大好きです。
あとは海溝探検か・・・(笑)
2011.11.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/786-e6c1b8b9