FC2ブログ
数年前から行きたかった、群別岳with テレマーク
スポットで晴れた日曜日に行ってきた。
ホントは明るくなると共に歩き出すべきなのだけど、3時起きでなまら眠くて、浜益で15分仮眠(笑)
7時ゲート出発
林道は、そろそろ雪OKかなぁ。。と思って板を履くと、ところどころで土がのぞき、なかなか快適に歩かせてくれない。
脱いだり履いたりを余儀なくさせられ、結果的には半分までは背負ったまま歩いたほうが早かった。

林道途中で、健脚3人組に抜かれる。
地図を見ていたら、いきなり「エライ!」と言われ・・・w(こんなトコで地図見てるから、よほど初心者と思われたのかしらん?)
m1_20110517062042.jpg m2_20110517062042.jpg
渡渉、尾根に取り付き、しばら~くして、やっと見えてきたよ、増田の沢。
あそこ滑りたいのよね・・・
右に見える別の斜面もよさそうだなぁ、じゅるる。。。

初めての山に一人で来ているので、それなりに慎重に。地図を見ぃ見ぃ、地形と照らし合わせる。
幸い、眺望がきくので迷いようがなさそうだ。
(でも、万が一ホワイトアウトしたらね・・・などと常に考えてしまう私は本当にビビリだと思う。要所要所で後ろを向いて、ランドマークになりそうなものの写真まで撮ってるし
m3_20110517062041.jpg
ナメた時間に出発したので、山頂は諦めていたのだけど、この稜線見ちゃったら行くしかないなぁ
季節外れに前日まで降った新雪のおかげでシールもよく効いて、快適な登り

m5_20110517062040.jpg
というわけで、アイゼンもピッケルも使わず、あっけなく山頂へ(11:45)
先行していた3人は既に下山開始、後続はまだ遠くて、山頂は一人っきり。
うーん、独り占めのような、ちょっと寂しいような・・・
おかげで写真もこんなんしか撮れませんでした↑

周囲には浜益、浜益御殿、暑寒別、奥徳富、ぐるりと増毛山塊を見渡していると、首がフクロウになってしまうよw
m4_20110517203105.jpg

ここも「海の見える山」だけど、ちょっぴり海岸線からは遠かった。

稜線を戻り、帰路も考えつつの増田の沢滑走。
この時期、出現しがちな妖怪板掴み様からは逃れられたようだった。
もうすこし斜度が欲しいところだけど、まぁ、その辺はテレマークなので充分楽しめる。

帰路も考えつつ、横トラ&滑りを4回くらい楽しんで、あとは下山モード。

先ほどの3人パーティにその後も何度か山中で会うたびに、一人?20代?独身?・・・て、その質問はど~ゆ~意味だ。。。(笑)、身長まで聞かれたけど。その勢いで体重まで聞かれたら答えちゃいそうだってば・・・
そういえば山頂付近ですれ違った人にも「エライ!」っていわれたなぁ。
子どものお遣いかっ!って突っ込みたくなるけど、きっと、私が実際より(かなり)若く見られたんだ、ということにしておこーっと

林道について、しばらく行くと、崖の上にいいものみぃつ~けた滑りの格好で泥壁をよじ登るのもどうかと思ったが、うしし、そうか、今日のピッケルはこのために持ってきたんだなぁ~
なんて勝手に納得して、春の恵みを少々頂く。
後続のおじさんは「なんも、細いのしかないでしょ」と半ばあきれ気味。
いやいや、ちゃんと目をこらせば、食べごろなのも見えてくるんだもんね

m7_20110517062114.jpg
不思議なもので、行きはさして感じなかった林道の長さも、帰りは堪える。
しかもネギ採り終わってしばらく歩いてから、ピッケル落としたことに気づいて引き返すし(バカだ)

m8_20110517062114.jpg m6_20110517062040.jpg

道端の花達にも笑われながら?!ザゼンソウ&カタクリ。愛しの林道スペシャル君(愛車)にたどり着いたのでした。(多分15時ごろ)滑り、山頂、山菜と大満足のお一人様山行

m9_20110517062113.jpg
帰りに寄った浜益温泉あたりからお山たちに手を振ってまた来るね~

2011.05.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/750-00a07949