上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
東京滞在の最終日は六本木・俳優座へ「婢伝五稜郭」を観に行った。
佐々木譲さんの原作で、グループ虎 + 10・Quatreによる舞台。

hiden.jpg


このお芝居の題名になっている「婢伝五稜郭」は小説トリッパーという雑誌に掲載されているけれど、事前情報として、氏による他の幕末・蝦夷関連の小説「北辰群盗録」「くろふね」「黒頭巾旋風録」などの名場面集としての趣もある、http://sasakijo.exblog.jp/11351500/とのことだった。

題名にもなっている婢伝・・・は、箱館戦争終結後の箱館病院に官軍が攻め入り、抵抗も出来ない怪我人たちを皆殺しにする、というスプラッタなシーンで始まるのだけれど、血を見るのが苦手は私は、どんなことになるのかと、最初からちょっと緊張していた。
でも、それは良いほうに期待を裏切られた。
幕が上がるや、迫力のあるダンス、メチャメチャかっこいい殺陣の連続に圧倒される。
役者さん一人ひとりの動きがまさにプロのそれ。そう、足捌きから指の先まで。
板上の人数の多い舞台だけに、目があちこちめまぐるしく動いてしまう。
(後からチラシで知ったのだけど、この10Quarteの代表であり、主役格・矢島従太郎を演じていた内堀克利さんは殺陣のエキスパートなのだ。そりゃあ、惚れるほどカッコいいわけだ)
登場人物こんなに沢山↓
hiden2.jpg


一方で、旅の一座が見てきた物語、という表現なので、場面転換が早い。
まるで子供の頃読んだ赤川次郎のようだけど、内容が軽いサスペンス、などではないので、追いかけるのに必死だ。

なんせ、一応、前出の小説は一度は読んでいるものの、ベースとなる歴史の知識がないんだから。
どうしても、あ、これはあの小説の登場人物だったな、とか、どこぞのシーンだったっけ、と。ついつい記憶の中のストーリーと照らし合わせてしまうし、まるで難しい大学の講義を聴いているような顔だったと思う、自分。途中から混乱してしまったのは我ながら情けない。

原作群の中でも印象的なシーンをいくつも観られたのは、一度で何倍も美味しい。
中島三郎助が二人の息子と共に戦死するシーン。五稜郭の残党である兵頭俊作と、かつての同僚で今は追う立場にある矢島従太郎が対峙する場面。

ただ、舞台ではあくまでも「旅芸人による再現」の形なので、劇中劇としてどこまでもエンターテイメントなのだ。
小説の登場人物に深い思い入れを持ちすぎている私の見方は、真剣すぎて、滑稽だった。

本来は舞台は舞台としての作品であるのだから、それそのものを鑑賞するのが礼儀というものだろう。

というのは、観おわってから気づいたことで、3時間のお芝居の間は怒涛の流れで過ぎ去ってしまった。

まだまだ人間が青いですな。

うーん、もう一度観たいな。
さすがに明日の千秋楽に飛行機乗っていくのは無理だけども・・・
2010.10.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/702-15f952d3
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。