FC2ブログ
順序が逆になったけど、空の神秘(月食)を眺めた翌日は地の神秘(社台滝)を眺めに行ってきた。
沢そのものよりも林道のアクセスに不安があったが、同行のMさんは山でバイクをブイブイいわせているスペシャリスト心強い!

m11.jpg

幅広い河原歩きののち、こんな感じの苔むした巨岩帯となる。
苔の洞門を思わせる緑が、しっとりとしてて綺麗だな~
でも、ちょっと不思議ー

と思っていると
m12.jpg
層雲峡のような柱状摂理が現れる。
あ、な~んだ、全部あそこから落ちてきたのねだから苔苔してるんだ。
と、合点がいく一方で、今日は落ちてこないよね???とか思ってしまう。

いや、冗談でなく、5年前の忘れもしない8月5日、とある沢で、頭上ン十mからこの様な柱状摂理が落ちたてホヤホヤで、川を堰き止めんばかりになっている状況を見たことがあるのだ。
私たちは音は聞かなかったものの、一面の鋭利な巨岩。そして岩塵がまだ空に舞い、対岸の草本は風圧でことごとくなぎたおされていた。。。。

そんなことを思い出すような立派な柱状摂理。さすが噴火湾沿岸である。

観光気分で来たけど、意外に大岩を乗り越え乗り越え、よっぽど昨日より楽しいね~
なんて言ってる間に

m13.jpg

到着~~!
なんとも形容しがたい、不思議な形の滝、、、?岩盤、、、?パワースポット???がそこにちゃあんとありました
なんか、ムンクの「叫び」だねw

2010.06.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/677-6c03abff