FC2ブログ
ganさんの本にも出ているけど、‘林業界の'方の双珠別岳に行ってきた。
現場仕事→100k運転→事務仕事→140k運転
の翌日には早起きできなくなっている…たらーっ(汗)体力低下その?

10:20 入渓
滑りスノボ予定から急遽変更。うっかり沢スパッツを忘れ、ちょっと水が冷たい魚
前半の沢歩きは思いのほかブッシュとフキクローバー が濃い。(フキって食べるぶんには好きだけど、葉っぱが大きすぎて足元隠すのが難なのよね~笑)

でも途中からはちゃんと滝が出現指でOK

   
写真
倒木多し、がけ崩れ跡も目立つ。

隆起によって盛り上がった日高山脈も、こうして徐々に朽ち果てexclamation & questionなだらかな地形へと遷移していくのかな富士山

水が消えてからも沢型は長く続く。
藪を漕ぎながら、羆よけの雄たけびカラオケ
そこそこ難儀しながらの笹との格闘後、、、体力低下その?
    写真
   無事、山頂到着~。歴とした一等三角点です。

          写真
遠くに見えるのはどっしりとした日高の山並み。戸蔦別か幌尻なのかな?

   

なぜか山頂に残されたドラム缶?に腰掛けて記念撮影カメラ

   
    稜線は続きます

下山は東面にある別の沢から。
去年一度来ているというだあ曰く、「大滝の高巻き1回だけだから楽勝
」とのことだったが…

 

その高巻きからの下降で恐怖がっあせあせ(飛び散る汗)
かなり急な泥壁、しかも雨で緩んで足元もグズグズ。
だあはさっさと降りていくけど、私はバイルを使っても足元のすくむ恐怖げっそり何度か滑落したことのある私は、ここでこの足が滑ったら…とか、そういうシーンがどんどん浮かんできちゃうのだ。
(危険がまったく想像できないよりはいいと思うけどサ)

沢筋に近づけば近づくほど傾斜は急だし、手掛かりもナシ。
こんなところ、無理~NG
落ちるぅ~

だあに足を押えてもらって、なんとか降り切るOK
緊張が切れて、思わず泣いちゃった涙エーン、だって本当に怖かったんだもんたらーっ(汗)

ここで思いのほか時間を食ってしまい、下山は18時近く

入渓点までの国道歩きは、ちょっとした裏技発見exclamation & question

いえいえ、これはヒミツですけど(笑)
でも、トンネルの中を歩くより確実に安全ですから~あっかんべー

とまあシーズン2本目の沢としては充分すぎるほど充実の1日でしたとさ。
あー、からだのアチコチが…体力低下その?
2009.06.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kozarun.blog74.fc2.com/tb.php/32-2dd4146e