上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
11月中旬、久しぶりに熊野を訪れる機会に恵まれました。
中辺路を歩くのはもう何度目だろう???
今回はまず2日半をかけて中辺路を歩き、さらに2日で小雲取越・大雲取越の予定。
札幌からだと移動に1日弱かかるので、下手な海外旅行よりも時間を要するのです。


滝尻王子跡より出発。
熊野の中でも格式の高い五体王子のひとつ。ここで平安貴族の歌会などが行われたとのこと。
平安、、、ってねぇ!(熊野古道は平安の上皇たちが熊野詣でに歩いた道なので、あたりまえなんですけどね。倭人の歴史の短い北海道から行くと、あまりに年月が経っていて頭がくらくらするわけで)
初日だけあいにくの小雨でした。

02_20171208173851fa7.jpg
いきなりの急登だけれど、すぐに最初のランドマーク、胎内くぐりと乳岩に到着。
熊野には何か所か藤原秀衡の伝説の残る場所があるけれど、この乳岩もその一つ。
奥州から熊野詣!飛行機のない時代にwそれだけれもすごいけれど、
産気づいた奥さん、子どもをここに残し、参詣して戻ると岩から滴る乳を飲んで成長していたという。
不思議な言い伝えがたくさん残る紀伊山地であります。

03_20171208173852c56.jpg
針地蔵尊
使えなくなった針を祀った、という話も聞くし、針2本と糸を鳥居に見立ててお祀りしたもの×沢山が
集まってそうなった、という話も聞いたことがあるような・・・気がします。

04_201712081738538c3.jpg
高原熊野神社へ到着。
色は塗りなおして綺麗ですが、熊野古道界隈では最古の木造建造物。

05_201712081738558db.jpg
そして境内のクスノキは樹齢何百年なのでしょう。
小雨も手伝って、いつになく神秘的に見えました。
06_201712081738567fb.jpg
翌朝はこの高原霧の里から再出発。
棚田とはさがけが美しい里の風景。快晴!

07_20171208173858db5.jpg 
高原神社横と、ここの2か所、集落の出口/入口に庚申塔が。
庚申信仰の話などを聞く。
庚申の日に寝てしまうと、臍から虫(三尸)が抜け出して、閻魔さま(?)にその人の悪行をチクられちゃう!ので、村中の人が集まって寝ずに過ごしたそうで…
60日に一度、村の寄合のような意味もあったとか。
(10回以上聞いてるけれど、わたしの理解はこの程度、間違ってたらごめんなさ~いw)

08_20171208173859b00.jpg
熊野古道のポスターで有名になった、牛馬童子
光の加減でイマイチですが、花山法王が馬と牛に同時に跨っている様子、と言われています。
意外に小さいです。
デンマークの人魚の像も小さかったけれど、もっとちっちゃい。

09_20171208173901726.jpg
だいぶ割愛して、近露王子跡。
紅葉の始まりかけのモミジがいい感じ。

10_20171208173902077.jpg
近露集落は、(平安よりはだいぶ新しい)昔懐かしい建物が随所。
よく見ると、看板なども興味深い。

11_20171208173904c4e.jpg
外国からのハイカーも多い熊野古道。
こういう風景は日本らしくていいかも?!

12_201712081739051e7.jpg
なぜか懐かしのレコードシリーズ(笑)

13_20171208173907270.jpg

14_20171208173908d4d.jpg
これ、お茶の花ですって!
初めて見ました♪

15_20171208173910944.jpg
今まではこの行程を2日間で歩いていたため、割愛していた野中の一方杉に初めて来ました。

16_2017120817391182a.jpg
一方杉、って、枝が一方向に出ているから、なんだそうです。
落雷の仕業でしょうか。

17_201712081739136e5.jpg
蛇形地蔵
お地蔵さんの背後の岩に蛇模様が出ています。
ここにもいろいろないわれが。。。詳しくは現地で!    ん?

18_20171208173914002.jpg
ここは2011年の水害でがっつり崩れてしまった跡地。
あの時はまさに、熊野本宮大社が流された明治22年の大水害と同じようなことが起こっていました。
小辺路も既に歩き、十津川村→新十津川の入植物語も読了していたわたしは、あまりの水害に心を痛めていたのでした。
今もつい先日の大雨で一部不通&迂回路部分もあるものの、おおむね歩ける状態となっている中辺路にちょっと胸をなでおろしたところ。

19_201712081739165c9.jpg
発心門王子
一般のツアーだと、ここから本宮大社のパートだけを歩くことも多いのだとか。
毎回、滝尻から歩いているわたしにとっては、もうここまでくれば一安心、という王子跡だったりします。

20_20171208173917247.jpg
熊野古道は森林の中を歩く部分が多く(これも明治以降、山中の集落から撤退して人が里に下りる際に、周辺に植樹していったからであり、それ以前は山の中にも多くの人が暮らしていたんですね)空がひらけた場所が少ないですが、伏拝王子手前から果無山脈を見上げる。
小辺路は果無山脈を越えます。
そこがまたすごくいいんだな。。。→熊野古道・小辺路(昔の記録)

21_20171208173926570.jpg
だいぶ端折って、熊野本宮大社に到着~

まずは一旦ここで区切ります。

スポンサーサイト
2017.12.08 / Top↑
雪山シーズンになったので、テンプレートも冬バージョンに。
カミホロの冬景色です。

日曜日はお久しぶりのBのちゃんと。
土曜の晩まで、スキーにするか山にするか??などとあれこれ悩んで、お天気のおだやかそうな支笏湖畔のイチャンコッペ山へ。

支笏湖に下りるヘアピンカーブから。
昔この界隈はスキーで滑ったことはあったけれど、こんなところに登山口あるなんて、知らなかった!(笑)

正直この山は「夏山ガイド」で見ても、グリーンシーズンに登る気には、あまりならない。。。
緑がうっそうとして山頂の眺望もイマイチだし。
この日も雪・曇り混じりで見晴らしはどうかなぁ~? ま、ここまで来たし、せっかくだから一応登ってみますか?!という感じで歩き始めました。
5合目では周囲もガスで真っ白で暗い感じ。あ~あ~、やっぱり今日はダメかな?
と、のんびりお茶タイム。
おしゃべりは登山口からずぅ~っと(笑)

DSCN0974.jpg
それが、見晴らしの良い8合目に着いたとき、な、なんと急に空が青くなってきました。
!(^_^)/わ~い!

DSCN0980.jpg
後ろと振り返ると、支笏湖の向こうに見えるはずの風不死岳が、雲の切れ間から頭だけ。
左には樽前山も見えるはずなのだけど・・・
(この後一瞬だけ、流れる雲の向こうに真っ白な樽前が見えた)

DSCN0984.jpg
こうやって上だけ切り取ると、ネパールかどこかの高山に見えない?!
手前に笹が写ってたらやっぱりだめ?
とかはしゃぎながら。。
山頂から戻ってきた女性4人グループともお互いにシャッターを押しあって、ちらりと見える眺望を楽しんだり。

DSCN0986.jpg
山頂は平坦で広く、野球もできそうな広さ。
4本爪のアイゼンも持参したけれど、山頂まで長靴でOK~

DSCN0996.jpg
先ほどの8合目まで戻ると、今度は眼下、ガスの合間に光る支笏湖の湖面が見えてきた。
なんだか幻想的な風景にしばらく見入ってしまう。

DSCN1008.jpg
少し高度を下げると、風不死までの支笏湖が見えてきました。

DSCN1017.jpg
小人が出てきそうな、松のトンネルを抜けて。

DSCN1025.jpg
午後2時ごろには空もすっかり晴れてきた。
おとなりの紋別岳。山頂の電波塔も。

DSCN1021.jpg
この日は恵庭岳は最後まで姿を見せず。
風不死岳が主役だったかな?!
今度は天気のもっといい日に幌平山経由で来てみたい。

2017.12.04 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。