FC2ブログ
この日は夏山ガイド(ガイド本)の取材山行に行くというtetsuさんに、久しぶりにご一緒させていただいて、いつかは行きたいと思っていたピセナイ山へ。

これが本当の登山口ですが、手前の登山ポストのところまで車は上がりました。

02_20171027180443efc.jpg
しょっぱなからの急登が少し緩むのが四合目くらいか。
短い山なのにしっかりと合目表示があるので、一つ一つは20分程度で登れてしまう。

03-2.jpg
こちらはtetsuさんから頂いた写真を。
六合目で山頂への稜線に出ると、一気に視界が開け、南日高を眺める、の図。
普段、少人数で山へ行くことが多いので、今日はワイワイと楽しい!

04_20171027180445a66.jpg
なんと、九合目上は足元に霜柱も、今年初。

05_20171027180447445.jpg
来し方を振り返る。
予報以上の青空♪

06(kamu-naka).jpg
山頂からの眺め、ザ・日高山脈~~~!
北海道弁でいうところの「ビュービュー」ってやつでしょうか。
左からカムエク、ピラミッド峰、1823、コイカク、シビチャリ、1839、ヤオロ、1600、ルベツネ、ペテガリ、中ノ岳までが入っているはずです。

07カム
カムエク方向、ちょっと拡大

08ペテピリカ
左(枝の上)からペテガリ岳、綺麗に尖っているのが中ノ岳、やや手前ぽく見えるのがニシュオマナイ岳、ギザギザなのが神威岳、一番右がピリカヌプリですね。
来春はピリカヌプリに登りたいなぁ。
(*)写真が大きすぎますが、せっかくなのでこのまま掲載。

09_20171027180453088.jpg
小春日和で昼寝する人と山頂看板

11_20171027180454e23.jpg
下山時の方が、日の光が上から射し、紅葉狩りも一層盛り上がりました♪

12_20171027180456c60.jpg
北海道は赤い紅葉が少ないと言うけれど。。。
yukiさんの赤いウェアとぴったり

13_2017102718045761d.jpg
貴重な暖かい秋の一日に、絶景の山に登れて満足でした。

14_20171027180459967.jpg
登山口付近にはフッキソウ(富貴草)が白い実をつけてました。

... 続きを読む
スポンサーサイト



2017.10.27 / Top↑
ニセコ付近の某所で宴会の翌日は、五色温泉~新見峠までの縦走に出かけてみました。
昨日下山時は霧雨でしたが、今日は景色がいい!
(前夜、真っ暗な中新見峠に車置きに行ったのはリアル肝試しでしたが…)

雪のないイワオヌプリは十数年前、増水していて入渓できなかった遊楽部岳の代わりに来て以来かもしれません。
でも、諸事情で山頂は割愛してコルからニトヌプリ方面へ
    03_20171027130427d79.jpg

02_201710271304274f9.jpg
小イワオヌプリ
昨日のお釜状地形は、この左奥下にあります

04_20171027130429c5a.jpg
ニトヌプリの登山道が結構急に見えるのは、気のせい気のせい
標高は低いのに、足元には高山植物っぽい草原もみられるのね。

05_20171027130430b26.jpg
小イワオとニトの間にはこんなデベソも

    06_20171027130432894.jpg
見えますかね…雪虫。
既にこの2日前に雪が降ったんでした。

07_20171027130433e4b.jpg
先ほどのギザギザ登山道から振り返る。
手前から小イワオ、イワオ、アンヌプリ

09_2017102713043662f.jpg
ニトヌプリ山頂から、前日のボウルを見下ろす。
上から見ているだけではあんな景色が広がっているなんて想像もつかないよね~って
... 続きを読む
2017.10.27 / Top↑