上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
芦別岳は新道はもちろん、残雪期の本谷、沢の本谷と3回登っているけど数年前、崕山から(登山会でね、不法侵入してませんよw)眺めた芦別岳の稜線=旧道が気になってました。
で、土曜の朝、突如思いついて行ってきました。
IMG_9224_20170626192437a84.jpg

IMG_9201_20170626192438079.jpg
下界から眺めても長い稜線。でも初日は小屋まで♪

IMG_9203.jpg
ユーフレ小屋。
旧道登山口からは、考えてみたら過去2回は沢靴で沢床を歩いていたのでした。(多分)
沢沿いにつけられた巻道は大きなアップダウンが4回。
結構めんどいね。
丸太橋は今は岩をポンポン行けるので、渡る必要はありません。

IMG_9207.jpg
途中で見つけたUDでアペタイザー。
小屋の中は暗く湿っているので、夜まで河原でノンビリ~

2日目。
数年前に、小屋からダイレクトに登るルートが笹刈りされているということで、直登!
でも、少しいくと藪漕ぎになってしまったので、普通に登山道まで回ればよかったかも。
IMG_9211.jpg
しばらくは沢沿いで、季節が巻戻った花が美しい。
濡れてガラス様になったサンカヨウ
IMG_9216.jpg
ヤチブキ、、、いやいや、花としてはエゾノリュウキンカ
IMG_9228.jpg
定番ハクサンチドリ

IMG_9218.jpg
雪渓を辿っているうちに、夫婦岩分岐を見落としてしまったようです。
夫婦岩基部。いつか登りたい気もするし、ちょっと岩脆い?感じで気持ち悪い気もする。
夏道とは少々距離があるので、このまま雪渓を詰めることに。

IMG_9223.jpg
いい感じで稜線まで雪渓が続いていて、ショートカットできちゃいました。
もう夫婦岩が目の前に見えます。
このあたりも雪渓、夏道の繰り返しなのでうっかりすると藪突破になってしまう。

IMG_9229.jpg
しばらく行くと、右下方に恐竜の背びれのような崕山が見えてきた。
一昨年、あそこからこっちを眺めたんだなぁ~
その日も素晴らしい快晴でした。

IMG_9256_201706261924406b8.jpg   本峰がやっと近づいてきました。
鋭鋒なので、見る向きによって全然形が違う。

IMG_9244.jpg
そしてお花も真打登場。
ツクモグサの蕾はなんとなくヒヨコっぽいと思うんですけど。。。

IMG_9250.jpg  ツクモグサと富良野盆地と十勝連峰。

IMG_9257.jpg
ピークから屏風岩にかけての襞々が半端ないっす。

IMG_9258.jpg
今夏、初チングルマ

IMG_9262.jpg
エゾノハクサンチドリ?

と、先をいく夫が「犬が来たよ」と
IMG_9261.jpg
なんと!カナリーヌちゃんとルパン君!!久しぶりの再会と、夫ははじめまして~
本峰をバックに記念撮影。
こんなロングルート登ってくるなんて、ルパン、偉い!カナちゃんはここ慣れた感じで、わたしたちの雪渓ルート「それでいいんだよ、正解!」と教えてくれました。

IMG_9263.jpg
山頂に着くころには少し雲が出てきたけれど、おかげで暑くなく。

IMG_9272.jpg  先だってここからさらに歩いた人がいるという夕張岳を眺め、あまりの遠さに気絶しそうになる(笑)

IMG_9279.jpg
半面山までは雪渓を駆け下り、鴬谷から熊の足跡だらけの覚太郎コースを下り、小屋の荷物を回収するとかな~りお疲れモードのわたしでした。

夏山シーズン最初の身体リフレッシュに良いルートですね♪
また歩きたい…
今度は日帰りでね。

1日目:11:35車止め→13:46ユーフレ小屋【行動時間2h/高低差/228m/距離3.6㎞】
2日目:4:10ユーフレ小屋→6:20 1279南コル→7:00 1444→8:30 1574→9:40山頂(1h休憩)→11:00雲峰山→11:30半面山→13:20/14:00ユーフレ小屋→15:40登山口【行動時間11h30min/高低差1387m/距離17.8㎞】(休憩含)

スポンサーサイト
2017.06.26 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。