FC2ブログ
2本で沢納めをした後は高度感のある山歩きを計画していたが、あいにくの天気で鎖場はパス。
南牧村のさらに奥、群馬県と長野県の境目にあるという洞穴群を目指して移動してみた。

道中の道路わきから既にこんなゴルジュ。
蝉の谷というらしい。
両岸は秩父群のチャート(=硬質の珪酸分に富んだ堆積岩)であり、衝撃に弱く砕けやすい。
このため洪水時に河床を転がってきた大岩が川底のチャートを砕き、河床面を下げていったと考えられている、とのこと。(立て看板より)
蝉は「狭水」の転訛とか。ほお~~~
ゴルジュ一つにもものがたりあり、ですな。

IMG_2592.jpg
確かにすごいのです、ここの景観。
南牧村の奥にのびる県道93号線沿なんだけど、車でぶーっと通り過ぎちゃうにはちょっともったいない。

IMG_2597.jpg
だんだんと道は狭くなり、108号と分けるあたりからかなり通行も怪しくなってきて~
ついに通行止めの看板に阻まれた!と、苦労しつつUターンを試みていると、ユンボだけおろしてトラックが戻ってきた。
聞いてみると、峠は崩れてて通行止めだけどもう少し先まで行けると思うよ、とのこと。
たどり着くまでが既に冒険じゃ、、、

IMG_2626.jpg
道の両脇はこんな切り立った岩壁。紅葉綺麗~
ま、本州はこういうところ多いけれど、北海道に慣らされた目には少々新鮮かも。

IMG_2622.jpg
なんとか本当の通行止めの手前の広川原集落(跡?)へ到着。
シーンとして不思議な雰囲気。
もちろん携帯の電波はない。
... 続きを読む
スポンサーサイト



2013.11.14 / Top↑