FC2ブログ
週末は沢始め。

ガローの沢から黒松内岳
昨秋も遡行しているOさん曰く「まったく印象にない沢」
そういえばOさん達が遡行した日、私たちはブナ沢から。。。詰めた源頭でばったり会ったのでした。

ガローって函って意味?それにしては水量も少ないし、ブタ沢かもね~?
なんてワイワイ言いながら遡行開始。


しばらく行くと小滝が出できた。空も予報以上に晴れている。

G2_20120626133125.jpg
滝登り。楽しい、緊張するけど。

G3_20120626133126.jpg
こんなゴルジュは手足のつっぱりで。

G7_20120626133130.jpg
途中から雪渓出現。 今季初のザゼンソウ
雪解け直後とくれば、おのずと楽しみは、、、ねぇ

一番の核心10mの滝はホールドも甘そうだったけれど、リーダーのYちゃんがなんとフリーで突破
口をあんぐりと空けて眺めてしまったので、写真は撮りそびれました
その後FさんはTRでクリアするも、落ち口からのザイルが投げにくいので他はみな高巻き。
なかなかどうして楽しませてくれる沢です。

G4_20120626133127.jpg
源頭を詰めてしばらくネマガリを藪漕ぎすると刈分け林道へ出た。
途中からは何のために刈ったか不明だけど非常にありがたい刈分け新道(?)を利用して山頂へ。
皆、拾いものに忙しい。

G6.jpg
何度目かの山頂。

G5_20120626133128.jpg
ブナの間の夏道は快適。

翌日はニセコ・アンベツ川へ
過去に2回遡行している、お手軽沢、のつもりだったのだが・・・
A1_20120626133045.jpg
あれ?こんな函あったっけ?へつるにはホールドも足場もないっすよ。
深いし、泳ぐ?いやぁ全身濡らすの嫌だな・・・
私はウェット着てるから泳いでもいいけど???と逡巡の後、
A2_20120626133046.jpg
高捲き&懸垂下降
わずかな距離を進むのに時間を要す

こんな函は以前はなかったよね?と意見の一致をみる。
どうやら底が掘れるか大石が流されるかして沢の形が変わったようだ。
自然地形にアンチョコなし

A3_20120626133047.jpg
ん?F0?ここも直登はちょっと無理だよねぇ?左岸から高巻き。
記憶にない、おかしいな~と思っていたら、どうやら以前は流木がかかっていて登れたらしい。

A4_20120626133048.jpg
なんてことなさそうなココも、足場なく、細かいホールドを駆使して上がる。
滑ってもドボンだけだと気軽に挑戦できるのが楽しいね

最後の河原歩きは割愛、藪を漕いで道路に上がる。
濃いネマガリ漕ぎは難儀だけど、この時期は楽しみがあった。

S1_20120626133049.jpg
二日間とも下山のザックの重いことといったら・・・

S2_20120626133050.jpg
山の恵みは食卓に、ねウドはきんぴらと胡麻和えに。タケノコは炊き込みご飯と丸焼き。ギョウジャニンニクとエゾ鹿ジンギスカン。葉ワサビのおひたし。注)鹿肉は残念ながら自家調達にあらず

山とお天気と仲間と山菜に恵まれた週末に、感謝!あ~~~~、楽しかった
2012.06.26 / Top↑
週末はある博物館のイベントへ。
地学・地質には興味を持ちつつも、学生時代を通じて系統だてて勉強する機会は得られないまま今に至っていた。
図鑑とルーペ片手に一人で河原を歩いたこともあるけれど、石って植物や鳥と違って全然ワカラン

というわけで、長年の憧れ「巡検」に初めて参加してみました
「アポイの花と日高の地質を巡る旅」とのことだったので、漠然と行ってから活動するのかと思っていたら、配られた資料の過密スケジュール見てちょっと嬉しい驚き。
苫小牧に始まり、新冠、三石、様似、幌満etc.と立ち寄るジオサイトのオンパレード。

IMG_0238.jpg
苫小牧東港で津波堆積物の露頭見学
指標となる1663年有珠山降下軽石の下に17世紀津波堆積物が見えてます。

IMGP6427.jpg
お次は新冠泥火山
そうそう、えりも方面に行くとき、いつも気になってた馬の後ろのこの看板!なんなんですか~?
って解説も聞いて。
*地下から水と一緒に噴出した泥が積み重なってできた丘。阿寒湖の「ボッケ」の仲間らしい。
ふむ。この下に石油も埋蔵してるそうですよ
ちなみに看板には「日本でここだけ」と書いてありますが、今は新潟でも見つかっているとのこと。

IMG_0241.jpg
お次は三石蓬莱山で最初の岩石採掘。アクチノ閃石岩
手で持っただけで崩れる弱い感じの石。蛇紋岩の生成時に吐き出されたカルシウムが濃縮してできた・・・?へ?
まあよく分からんが、とりあえず後日のためにメモφ(。_。)
この付近は蛇紋岩、角閃石、褶曲が観察できる

IMGP6436_20120619195624.jpg
ジオパークで町おこし(?)の様似町役場前はかんらん岩がこれでもかと並んでいる。
素晴らしいサンプル広場
解説は、む、難しい。けど、融解温度と混じってる結晶の大きさが関係してる(?)とか、すごく久しぶりに「理科」だ。うひひ。


IMG_0244.jpg
これはすごいよ、幌満かんらんがんを採掘している会社の許可を得て、旧採石場でサンプリングさせてもらう。
色が綺麗かんらん石の橄欖って、元はオリーブの誤訳なんだそーな。
へー
で、かんらん石が変成すると蛇紋岩になる、と(でいいのだっけ)

夜は夜で少々呑みながらも勉強会
様似町の若い学芸員さんのお話。よくまとまっていてわかりやすい。様似山道歩いてみたい!と思う。
島としての北海道の成り立ち。うんうん、これは某NPOにいた時にS田先生に習ったぞ、とちょっと嬉しくなる。

二次会は講師陣中心にいろんな話が飛び交っていた。
インタープリテーションと専門知識のバランスのような話題も出ていて非常に興味深い。


翌日はあいにくの雨の中、アポイ岳5合目まで登った。。。のだけど、とりあえずブログはここで一回休憩
参考書調べに行ってきますわ~
2012.06.19 / Top↑
ちょっとドキドキしながら初めてダウンヒルコースに行ってきました
富良野スキー場のDHコース、ロープウェー営業を利用して走ることができますふらのマウンテンバイククラブ
富良野RW
自分の自転車は持って行ったものの、ハードテイル(サスが前だけ)じゃ走りにくいよ、とバリバリDH仕様のフルサスバイクを貸していただきました

fura2.jpg
富良野の街を見下ろす広々したコースは気持ちいい~

最初はドキドキだったし、しっかりと1回転もしたけど
だんだん要領がわかってきて楽しめました。(まだまだスピードは出せないけど~)

そして翌日は某所で山サイ(ヤマサイ、って昔は言ってたけど、最近は言わないのかなぁ・・・汗)
今日は普段通勤しているMy MTBでエントリー
u1.jpg
林道の登りでくじけそうになりつつも・・・

u2.jpg
段差や浮砂にも徐々に慣れてこれまた楽しぃ~

一番の難所>急な段差&クランク>をみんなであーだこーだ言いながら何度もトライしたりするのは(私はカメラ構えてただけですがw)Kっちゃんも言っていたけれど、ボルダリングやクライミングと同じようなノリでとっても楽しかった
u3.jpg
Kっちゃん、一発でクリア!
MTBのバランス感覚はテレマークと酷似しているそうな。。。

一応だけのオフロード仕様だったMy MTBも、ほんとの山道を走れて嬉しかったようです
2日間、お世話になった皆様どうもありがとうございました
... 続きを読む
2012.06.11 / Top↑
週末は滑り納めイベントに
IMGP6343.jpg
遠征隊か?な景色。

a1_20120606180747.jpg
林道脇は春真っ盛り!

a2_20120606180746.jpg
1時間歩いてやっと見えてきた、雪。。。の残骸?!

a3_20120606180745.jpg
さらに1時間の後、藪漕ぎ突入~ 本日の核心ですわ

a4_20120606180744.jpg
雪渓歩きは快適キックステップで最後の詰め

a5_20120606180743.jpg
上から見下ろしたこの日の滑走ルート

a6_20120606180743.jpg
さすがに今シーズンはこれで終わり。
事故なく滑りシーズンを終えられて、感謝です

a7_20120606180801.jpg
腹の中に隠し持っていたこの日のお土産採りたての天ぷらは最高でした


2012.06.06 / Top↑
札幌では晴れて綺麗な部分月食が見えました

いつものコンデジではダメで、少しだけマシなカメラを引っ張り出した。
2012.06.05 / Top↑
まとめ