FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
1週間ぶりの裏山散歩。
一歩足を踏み入れた瞬間、あ、1週間逃しちゃった、と思った。
一面にエゾエンゴサクが咲いている。
澄んだ水色のものから紫がかったものまで。ここには白はない。

エンレイソウもかなり開いてる。
エンレイソウは花が咲くころになると葉っぱがだらりと下がって恰好悪いが、一つだけ歌舞伎役者の女形が顔を隠すしぐさのような、まさに開きかけの個体を見つけて、心がフワっとする。

オオウバユリの柔らかく光沢のある筒状の葉が、昨秋の落ち葉の層を突き破ってニョキニョキと頭を出している。
たくさん。
早いものはまだ茶色っぽくて小さいながら、葉をぐんと広げている。
樹木の葉が生い茂る前に、いっぱいいっぱい、お日様の光を受けようとしている。

いつもの道を登っていくと、上のほうからヒーッ、ヒーッとトラツグミの鳴き交わしが聞こえてきた。
去年はしばらくの間、オスだけがさみしそうに鳴いていたけれど、この春はもう相手が見つかったようだ。

人の気配がして、トラツグミの声はいったん消えてしまう。
いつも会うおじさんと挨拶を交わし、もっと登っていくと、再びすこし離れたところで二羽の鳴き交わしが聞こえて嬉しくなる。

尾根の手前で、耳を疑う。え?コマドリ?こんなところにいないでしょ。
確か似てるのってコルリだっけ?(後で要チェック・笑)
と逡巡した瞬間、すぐ手前では、ジジッとクロジが飛び立った。

尾根は北向きなので、まだ雪が残っている。
365日のAさんがストックで雪割している。
「童心に返ってなんだか面白くなっちゃって」「もう融けますね」

時間がないので山頂は割愛、北側の道を小走りで回る。
黄色いナニワズがその香りで自己主張している。
沈丁花の匂いだ。関東では人によっては’トイレの匂いだ’という。そんなことを思い出してちょっと失笑。

再び東向きの斜面に差し掛かると、フクジュソウがまさにその時、花開こうとする瞬間を迎えていた。
私は春の山の中で展葉が最も好きだけれど、花もその動きを感じるようなタイミングが愛おしくてたまらない。
ちょっと泣ける。歳だなぁ(笑)

足元の茂みを追う私の視線を避けるように逃げ隠れしていたのは、えーと、そう、君はアオジ。
なにせ一年ぶりなのでみんなの名前を思い出すにも少し時間がかかる。
ジロ見しちゃってごめんね。

この前の冬至の日に朝日を透かして見たオオウバユリの枯草は使い古しのマネキンみたいに草むらに倒れ掛かっている。
きっとそのうち、繁茂する青い葉に隠れてしまうだろう。

またエンゴサクの間を抜けて、日常に戻る。
スポンサーサイト
2012.04.25 / Top↑
漁岳(いざりだけ)には、沢から何度も登っている。
そのたび、東南東方面の残雪期ルートを眺めて「一度はあっちから登らないとね、、、」と思っていた。
午後から別の予定があったので、4時半に早出したつもりが、真駒内まで来て忘れもに気付く。
痛恨の50分ロス
IMGP5976.jpg
6時15分に林道を歩き出し、30分ほどで山の稜線が見えてきました
2週連続のザ・山日和

IMGP5978.jpg
稜線に取り付いてすぐ、930くらいで左手に見えてくる恵庭岳!!スカイラインが美しい~
手前がオコタンペ湖、奥が支笏湖。

IMGP5979.jpg
1175の左手をまくと、漁岳本峰がもうすぐそこです。
山頂付近に人影が見え隠れ。

頂上直下の大斜面はジグを切りながら。
もう少し遅かったら雪が腐れて大変だったかも・・・それくらい気温が高かった

IMGP5984.jpg
9:00山頂。単独なので、板のみで記念撮影。
中央が先週お釜滑った羊蹄山、左が尻別、羊蹄の奥にアンヌプリがうっすら。そして右手にはこの日メールでやりとりしていたdaiさんの登っている無意根が見えます。思わず、ヤッホーとメール

昨夏に塗り替えられたと思われる山頂看板、個人的にこの色はちょっとどうかと思っていたけれど、居合わせた人たちも同じような感想を口にしていました

先週yさん達が小漁岳まで往復した記録を読んでいたので、時間が許せば、と思っていたけれど、朝の失態であえなく断念。山頂を満喫して下山することに。

IMGP5985.jpg
山頂直下の大斜面はもちろんのこと、下りは1175を北から巻いて、沢型を滑る。

尾根筋の登りルートには何パーティもいるけれど、少しそこを外れるだけで人の気配は消え、小鳥のさえずりしか聞こえなくなる
こんな残雪春山の自由度が好き

地形図を眺めつつ、少しでも楽しそうな斜面をつないで滑ります。

IMGP5989.jpg
斜度もなくなり、なんてことない森歩き。
これもまた季節の光を感じる瞬間で、好き

11:15に下山した時には、入山時の倍以上の車が停まっていてびっくりしました。
思わず山に足が向いちゃうくらいのお天気だったもんね~
2012.04.23 / Top↑
日曜日は栗山・小林酒造さんの酒蔵まつりのお手伝いに行ってきました
自転車でふらっと行ってみた一昨年、その熱気に圧倒され、昨年はお手伝い側に。
今年で2年目です。
(北の錦パートナーズと称してお手伝いを招集してくれる専務・精志さんは「みなさんはお手伝いじゃなくて『主催者』だと思ってます、と言ってくださるけど

開場は10時のはずなのに、8時半に着くと既に人・人・人
屋台や和太鼓などの出し物も出て、毎年活気に満ち溢れ(過ぎた?)お祭りです。
年々、来場者数が増え続けていて、今年は土日合わせて2万6千人の人出だったそうな。


IMGP5965.jpg
普段から無料で見学できる北の錦記念館

IMGP5964.jpg
酒蔵見学にも多くの人が
でも、酒蔵そっちのけの人もきっと多くて、やっぱり一番人気なのは

IMGP5972.jpg
試飲コーナーなのですね
私がお手伝いしたのも、無料試飲コーナー、押し寄せる人波に、ひたすらお酒を注ぎ続けます
酒蔵まつり限定のお酒はどんどんと売り切れて、次々に別の銘柄が運び込まれ
多くは良識あるお客さんですが、中には「16杯ください」「20杯ください」という方も
ここは飲み放題じゃありませんよ~、皆さんに味見していただく試飲ですよ~、と喉元まで出かかるってもんです

正直、個人的にはバーゲンとか、食べ放題とか、無料○○のようなヒトの欲望がむき出しになる場面を目撃するのはかなり苦手です。
「千と千尋の神隠し」の最初のシーンを思い出して、すべてがブタに見えてきます。(でもアレって、豚に失礼じゃないかしらね)他人のことだけじゃなくて、当然、自分のことも振り返り、なおさらね。
なので日頃はあまりそういう場所には近づかないようにしています(笑)

それでも感動するのは、終わった後に精志さんが話してくれたこんなエピソード。
この酒蔵まつりは始めてから何年もの間、大赤字だったのだけど、先代の社長はそれはよしとして、地元の人がこの日は無礼講(?)と飲んで、いい気持になって、北の錦に親しんでくれればそれでいい、と考えて祭りを続けてきた。とのこと。
IMGP5975.jpg
北の錦、現・社屋↑

いつもインスパイアーされるのは、専務・精志さんのものすごく熱い姿勢と、お客さんとの会話力。
押し合いへし合い、下手すれば喧嘩が起きかねない人ごみに向けて
「はいはい、後ろの人、押さないでくださいね!さっきは押されすぎてカツラが飛んじゃった人がいましたよ」なんて声が聞こえてくると、お客さんたちも、ちょっと必死気味になってる私たちもホッと笑えてしまう。

そしてもう一つ嬉しいのは、この日に集まる北の錦ファンのみなさんとの語らい
(本当は毎月イベントがあるのだけど、、、私は行けてない)
pa-tona-B.jpg
試飲コーナーお手伝いの面々。精志さん以外、全員、社員じゃなくて「ファン」です
たった一日だけど、大声を張り上げて一緒に働いた仲間感は、なんだか高校の文化祭のようでもある。
大人になると、そんな機会も少ないしね。。。
酒瓶を持ち続けた右手は危うく腱鞘炎が再発しそうで、腰もバリバリだったけど。楽しい春の一日でした
2012.04.19 / Top↑
先週の興奮も冷めやらぬまま、またもやお羊様詣でにでかけてきました
この日は12年前の山スキーデビュー時にご一緒したボーダーみやさんとスキーヤーキタちゃんと。
あ、二人ともスノーシューだ・・・
h1
陽光を反射する斜面に若干の不安を抱えながら歩き出す

h2
案の定、すぐにシールが効かなくなって、アイゼンに履き替え

いきなりお釜です!
h3
なわけはなく、5時間近くかかりました

サイボーグ的心臓をお持ちのみやさんは既に一本滑走して登り返し済み見習わねばっ
h4
状態のよさそうな北西側からの斜面を選んで3人で滑走

h5
写真では黒い点にしか見えませんが、真狩側から登ってきた人たちも数多く。
実はこの中に先週白井岳でばったり会ったdaiさんもいたことが、下山後判明

h6
ガリガリ&シュカブラだったらしい真狩側の斜面

なんじゃこりゃ?!
h7
と、自分でも思った(笑)お釜のボトムで寝っ転がって撮った、頭の上。

hwide2
同じくボトムから360度ぐるりと見上げる、の図

羊蹄のお釜は一昨年、一度滑ったことがあるけれど、ガスかかって方向感覚も上下感覚も喪失
快晴のお釜ボトムは初めて感動~

h8
寝っ転がって大満喫、の図

青空がまぶしいっ
h9
お釜は滑ったら必ず登り返し。
怪我をしてはいけませんな・・・なんて話しながら。

h10
先週のパウダーとはうって変わって春山ですよ

h11
日射で程よくゆるんだ雪は滑りやすい!キタちゃんダイナミック滑走

h12
最後のパイプは若干ストップ雪混じりなるも、上から下まで快適な春のお山でした

IMGP5893.jpg
5号線から望む羊蹄山

お釜で昼寝をしながらふと思い出した羊蹄の湧き水
お釜の底から浸潤して、何年も経って湧き出ているという
実際にはお釜の底だけじゃないと思うけど・・・
moblog_e9c70936.jpg
帰りには京極に立ち寄って、お山の中の(?)恵みもいただいてきました


2012.04.17 / Top↑
stoic japanかっちゃんが札幌方面に遠征してきた先々週、日曜は比羅夫側から羊蹄山へ
午前中は曇り時々雪。で、雪面はいい具合に保存されたまま。そして午後からの晴れ予報。
あまりに条件が揃い、これが会心の一本になったら・・・と誰かの引退宣言まで出る始末。

027.jpg
滑走ポイントまで来たら、ガスツエルトにくるまって視界待ち。

029.jpg
大斜面滑走~!写真、小さすぎだ、ごめんなさーい。

034.jpg
さっち

あまりの良さにもちろん登り返し。
043.jpg
比羅夫ルートは背後にアンヌプリ方面がよく見えるまっちゃん&さっち
一大スキーリゾート地を見下ろすのって、ちょっと気持ちいいかも(?)

044.jpg
イエ~イ!@コータローさん。テンションも上がりますわ

047.jpg
かっちゃん

動画じゃないと、この長さは伝わりませんね!⇒まっちゃんの撮ってくれたまっちゃんムービー

IMGP5873.jpg
午後からは予報通りの快晴!保存された雪の大斜面を気持ちよく滑走中のまっちゃん↑


おまけ かっちゃんの前方フリップ
renketsu.jpg

天気、山、仲間に恵まれた今シーズン最高の一日
2012.04.17 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。