FC2ブログ
ジャンルごちゃ混ぜ、しかもだいぶ前からのものも、、、見聞きしたものの覚書。
◆映画「カウボーイ&エイリアン」(11月)
155156_1.jpg
(C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

題名からしてB級まっしぐらなのだが(原題も同じ)西部モノの雰囲気は充分味わえました。
ダニエル・クレイグのカウボーイ姿は素敵だったし(まぁ、私はそれさえ観られれば満足なわけなんですが・笑)人間ドラマも描かれていたし。軽めの娯楽としては充分でした。
エイリアンはあまりイケてなかったのでSF好きの人はブーイングかな?!


◆泊原発廃炉訴訟 提訴記念講演会(11月13日)
何冊もその著作を読んでいる池澤さんがお話になるということで行ってきた。
111117_1721~01
基調講演は池澤夏樹さんの「昔、原発というものがあった」
池澤さんは風車をモチーフにした小説や、東海村原子炉見学の経験を元にした作品もある。
もちろん演題のように「昔・・・」と言える未来にしていきたいですね、という趣旨の講演。
地球外生命体の可能性は?なんていうフッキングはさすが物理屋さん。
反原発、反原子力利用と思う(私にとってはデフォルトの)考え方のアウトラインを分かりやすい言葉でお話される。
新エネルギーで締めくくられていたのが、池澤さんらしいと嬉しくなったのと同時に、時代の流れを感じた。
私が風車の仕事をしていた頃(十数年前)は、新エネを原発と対比して語ることはご法度だったので・・・
Ustreamで講演自体が見られるようです⇒池澤さんの講演@U-stream

「子ども達のために、北海道の未来のために泊原発を止めよう」
の演題で話されたのが元・北大教授の小野有五さん
地球科学者であり環境学者である小野先生の本も何冊か愛読しているし、一度お話を伺ってみたいと思っていた。
子ども向けの地学の本を書かれているだけあって、分かりやすい語り口でお話される。
泊原発のすぐ近くにも海底活断層が数多く見つかっているが、当該電力会社はなかなかそれを認めようとしない、とか。
うーん、20世紀後半まで地動説を認めなかった某宗教総本山をふと思い出してしまったわ。


◆講演会「雪崩から身を守るために」(11月15日)
毎年これを聞かないとパウダーシーズンが始まる気がしない。
秋田谷先生のお話は毎年、より聞きやすく進化していると思う。
昨年11月の立山での雪崩の話は初めてちゃんと聞いた。過去のifは成立しないにせよ、一人は助かっていたかもしれないとのことで、辛かった。
今シーズンも事故のないよう、雪山を楽しもう。


◆地球探検隊「旅するカフェ」(11月26日)
海外の乗り合いバスツアー(多国籍ツアー)への送客手配を行っている会社エクスプローラー@東京に興味を持っていた。
そういったツアー(今回はケニアサファリ)の参加者が、自分の体験を語るというイベントが上京時に開催されることを知って、聞きに行ってみた。
海外一人旅にどきどきしながら出かけていく様子など、ちょっと懐かしくて新鮮。
こういう催しは「旅に出たい」気持ちに直結するのでいいよね。


◆浅草演芸ホール(11月27日)
初めて「寄席」を生で聞いた。
というか、そもそも落語をちゃんと聞くのも初めて。
111220_1236~01
分かるかな?と心配しながら行ったけど、前座の漫才からバカウケ
落語の演目はぜんぜん知らなくても理解はできてまずは安心。
落語家によって、表情やしぐさが違って面白い。
決まったストーリーを語るだけなのに(だからこそ?)その話し手の人となりというかオーラのようなものが出て、それを感じるにはライブが一番だと思う。
ワタシ的には真打の人よりも前半や中盤で出てきた人の方が素直に楽しめました。
一緒に行った友人とはことごとく意見が食い違ったけど
予定されていたプログラムとは演者も順番も違うから、誰が誰だったのかわからなくなってしまったのがちょっと残念。
スポンサーサイト



2011.11.16 / Top↑