FC2ブログ
ジャンルごちゃ混ぜ、しかもだいぶ前からのものも、、、見聞きしたものの覚書。
◆映画「カウボーイ&エイリアン」(11月)
155156_1.jpg
(C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

題名からしてB級まっしぐらなのだが(原題も同じ)西部モノの雰囲気は充分味わえました。
ダニエル・クレイグのカウボーイ姿は素敵だったし(まぁ、私はそれさえ観られれば満足なわけなんですが・笑)人間ドラマも描かれていたし。軽めの娯楽としては充分でした。
エイリアンはあまりイケてなかったのでSF好きの人はブーイングかな?!


◆泊原発廃炉訴訟 提訴記念講演会(11月13日)
何冊もその著作を読んでいる池澤さんがお話になるということで行ってきた。
111117_1721~01
基調講演は池澤夏樹さんの「昔、原発というものがあった」
池澤さんは風車をモチーフにした小説や、東海村原子炉見学の経験を元にした作品もある。
もちろん演題のように「昔・・・」と言える未来にしていきたいですね、という趣旨の講演。
地球外生命体の可能性は?なんていうフッキングはさすが物理屋さん。
反原発、反原子力利用と思う(私にとってはデフォルトの)考え方のアウトラインを分かりやすい言葉でお話される。
新エネルギーで締めくくられていたのが、池澤さんらしいと嬉しくなったのと同時に、時代の流れを感じた。
私が風車の仕事をしていた頃(十数年前)は、新エネを原発と対比して語ることはご法度だったので・・・
Ustreamで講演自体が見られるようです⇒池澤さんの講演@U-stream

「子ども達のために、北海道の未来のために泊原発を止めよう」
の演題で話されたのが元・北大教授の小野有五さん
地球科学者であり環境学者である小野先生の本も何冊か愛読しているし、一度お話を伺ってみたいと思っていた。
子ども向けの地学の本を書かれているだけあって、分かりやすい語り口でお話される。
泊原発のすぐ近くにも海底活断層が数多く見つかっているが、当該電力会社はなかなかそれを認めようとしない、とか。
うーん、20世紀後半まで地動説を認めなかった某宗教総本山をふと思い出してしまったわ。


◆講演会「雪崩から身を守るために」(11月15日)
毎年これを聞かないとパウダーシーズンが始まる気がしない。
秋田谷先生のお話は毎年、より聞きやすく進化していると思う。
昨年11月の立山での雪崩の話は初めてちゃんと聞いた。過去のifは成立しないにせよ、一人は助かっていたかもしれないとのことで、辛かった。
今シーズンも事故のないよう、雪山を楽しもう。


◆地球探検隊「旅するカフェ」(11月26日)
海外の乗り合いバスツアー(多国籍ツアー)への送客手配を行っている会社エクスプローラー@東京に興味を持っていた。
そういったツアー(今回はケニアサファリ)の参加者が、自分の体験を語るというイベントが上京時に開催されることを知って、聞きに行ってみた。
海外一人旅にどきどきしながら出かけていく様子など、ちょっと懐かしくて新鮮。
こういう催しは「旅に出たい」気持ちに直結するのでいいよね。


◆浅草演芸ホール(11月27日)
初めて「寄席」を生で聞いた。
というか、そもそも落語をちゃんと聞くのも初めて。
111220_1236~01
分かるかな?と心配しながら行ったけど、前座の漫才からバカウケ
落語の演目はぜんぜん知らなくても理解はできてまずは安心。
落語家によって、表情やしぐさが違って面白い。
決まったストーリーを語るだけなのに(だからこそ?)その話し手の人となりというかオーラのようなものが出て、それを感じるにはライブが一番だと思う。
ワタシ的には真打の人よりも前半や中盤で出てきた人の方が素直に楽しめました。
一緒に行った友人とはことごとく意見が食い違ったけど
予定されていたプログラムとは演者も順番も違うから、誰が誰だったのかわからなくなってしまったのがちょっと残念。
2011.11.16 / Top↑
唐突ですが、中学生の頃、国語の教科書に載っていた三好達治の詩「大阿蘇」を読んでえらく心を動かされて(?)以来、
’阿蘇に行くなら雨の中で馬が草を食んでいる様子が見たい’と常々言っていた(変な子どもである)
で、学生時代にかの地を旅したとき、念願はかなったのだが。。。
雨の阿蘇山って、ガスで何にも見えないっす馬どころか、な~んにも。
で、今回もIMGP5024.jpg子どもの頃の願いが強すぎたのか?!
私は一生晴れた草千里ケ浜を目にすることは出来ないかも(笑)

そんなわけで、山に別れを告げて南の海際を目指す。
鹿児島は出水ツル観察センター(ちょうど11月1日からオープン♪)にて

ここは島津藩が17世紀頃に干拓して以来、鶴が飛来(越冬)するようになったそうだ。
大正10年に天然記念物指定された(=法律が出来たとほぼ同時。ちなみに我らが藻岩山もですね)というのには驚き!
写っているのは’ナベヅル’白いのは多分’ダイサギ’ (もっとも、ここなら’チュウサギ’の越冬固体って可能性もあるのかなぁ・・・?)
111104_1523~01
刈入れ後の水田に籾殻をまいているそうだが、コンデジで撮るにはちと遠い。
持参した双眼鏡で片手デジスコ(笑)
5羽、10羽と群れになって夕暮れとともに戻ってくる姿はとても優雅。
窓にへばりついて、ツルの肩甲骨の動きや着地時の足の動きに見とれてしまうのでした
まだ1万羽に満たないそうだが、その大群は宮島沼のマガンを見て以来の感動だった。

新燃岳活動中の霧島連山。お山はまたもや
k5.jpg
霧島神宮。
k4_20111113123310.jpg


裏道で見つけた烏瓜と欄干の朱塗りは同じ色
k6.jpg

次は縄文時代へタイムトリップ
iseki.jpg
上の原縄文の森↑いやこれは模型だけど。9500年も前の集落跡や桜島噴火の火山灰地層が見られる。

h1.jpg
花尾神社;さつま日光とも呼ばれ、由緒正しき神社で天井絵が素晴らしいとのことだったけれど、湿気と気温でほとんど剥げ落ちてしまっているのがもったいない。額には「琉球之使者」との記名もあって、薩摩・琉球の交流の深さを実感。

i2.jpg
倉野磨崖仏;鎌倉末期に彫られた凡字、だそうです。
磨崖仏というからもっと大きなものを期待して行ったんだけどマニアック過ぎたか(笑)

最終日はやっとた!
j1.jpg
鹿児島は島津氏の鶴丸城址へ。一番親しかった祖母のルーツがこの辺りだったと聞いているので、一度は訪れたい場所だった。今は石垣とお堀しか残っていないけれど、城郭があったお山は城山公園として整備され、桜島を臨むことができる。
照葉樹の大木を見上げながら、しばし古に気持ちを泳がす。

q2
フェリーで桜島に渡る。写真右下は避難壕。山に近い場所では各家庭の庭にも設置されているそうです。
大地のパワーを目の当たりにして、旅は幕を閉じるのでした。
2011.11.14 / Top↑
南九州で沢納め、転じて、ぶらぶら旅に出かけてきた。
でもなぜか、カメラに残っている写真はこんなのばかり
おかしいなぁ、沢登はしてないはずなのに・・・

宮崎県は日向灘を臨む尾鈴山山塊の幕府軍、もとい、瀑布群です。
写真上段右は‘矢研の滝‘といって日本の滝百選にもエントリー。落差73mというから規模としてはそれほど大きくない。
とはいえ、登れはしないですね。
木が繁茂してよく見えないのが残念。
みやざきの神話と伝承;こんな昔話があるのも、いかにも九州らしい。

a4_20111109182049.jpg
お次は海に下って日向岬です。
こちらも激しく柱状節理な岬の割れ目に波が打ち寄せています。
面白かったのは、岬のたもとにあった国土地理院の潮位検収場(写真右下)。なかなか趣のある建物ですね。
潮と暴風雨にさらされてもびくともしないんだろうから、質実剛健、と言ったほうが正しいのだとは思いますが。。。
このあたりは釣り人だらけでした。
岩場の凹凸が激しくて、いい釣り場なんだろうな~

やっとたどり着きました、最初の目的地高千穂峡
b1.jpg
以前にも来たことがあるのだけど、今回はいわゆるボート乗り場(写真右)から少し離れた駐車場に停めたので、却って谷を満喫できました。阿蘇山の溶岩流を五ケ瀬川が侵食してこんなことになってるんですね。。。
b4_20111109184440.jpg
柱状節理は層雲峡でも道内の沢でもあちこちで目にしているけれど、これだけの規模の谷はなかなか壮観。しかも遊歩道を歩いて、眼下に見下ろせるのは
水の青さと岩の壮大さに圧倒され、この上流部に「天岩戸神社」があるのも頷けますなぁ

山に登って、海に下りて、渓谷を歩いたら残るのは地中です(?!)
鍾乳洞の中では全てが妖怪に見える件・・・のようなって冗談はさておき。
d1_20111109190854.jpg
急流で名高い球磨川の脇にある球泉洞
岩手・龍泉洞のような地底湖はないけれど、ヘタな色とりどりの照明もないし、余計な立て看板もなく気持ちよく見ることの出来る鍾乳洞。
3億年前に隆起した海底石灰岩層が侵食されたもの、と推定されているらしい。

ホント、日本のどこを旅しても思うのが、国じゅうのひだひだを全部平らに均したら、日本はどれだけ広大な国土を持っているんだろう???って。
おかしいけれど、そんなことを考えてしまう。

人の心のひだも興味深いけれど、地球の表面のひだも大好きです。
あとは海溝探検か・・・(笑)
2011.11.09 / Top↑
このところ週末ごとに天気がぱっとしない。
さすがに身体がなまりそうなので、夏場はまず行かないであろう、近郊の山に走りに行ってきた。

神威山頂方向
定山渓・神威岳。
ゲートは開放されているのだが、何故かほとんどの車がゲート前に駐車してある。
私はトレラン目的なので、もちろんゲートから出発。

トレイル
尾根の登りはさすがに走れませんが林道と、上の鞍部は快適なトレイルでした。

山頂
2時間弱で山頂へ。晴れ予報はどこへやら。曇り時々小雨のくら~い空。
バーナーも持って行ったけれど、何をするでもなくすぐに下山。

紅葉終わり
紅葉もほぼ終了。足元には枯れ葉が積もって、サクサク、カサカサ。走りやすい
気候的にも涼しくて、晩秋のトレラン、なかなかよいです。

3時間で下山してしまったので、暇を持て余して某ダム湖へ釣りの偵察に。
こちらは同じ林道でも車で走るので、ちょっとビビリ入ります。
熊にも出くわしそうだし、なんだか怖くなって、1箇所で真似事しただけで退散もう少し慣れが必要ですな・・・
2011.11.01 / Top↑
まとめ