FC2ブログ
先週からの雨続きで、大きな沢は諦めていた。
でも、ここならもしかして、、、と向かった先は(北の)白水沢。
当初、今週は一人かな~、と思っていたけれど、長らく「いつかご一緒したいなぁ」と思っていたぼのさんにお声掛けしたら、ご快諾いただきました。

眠い目をしょぼしょぼ現地到着下山地に車をデポしてMTBで入山ゲートへ向かいます。
石狩川本流はいまだとんでもない増水。ゴーゴーという水音の脇では話し声も届かない
でも、暫く続いた雨がこの日の朝からは晴れるとの予報を信じて、いざ出発
1時間ほどで通称メロンの滝に到着です。
メロン
とりあえず入渓地点まで歩を進めるも・・・
明らかに増水気味、そして雨も予報に反して止まない
私の気持ちは半分半分。ぼのさんもやはり同じように感じているみたい。
試しにほんの数十メートル歩いてみると、渡渉の1回1回にかなり慎重にならざるを得ない水の勢い。
う~ん、初心者OKの沢と聞いているけれど、明らかにこれは普段よりかなり増水していると思われる。
無理しても楽しくないので、撤退。

空は
国道を歩いていると、無情にも晴れ間が見えるが、振り返ればやっぱり山の上は黒い雲に覆われていた。
下の方にちょっと見えるのが暴れる石狩川本流。

気持ちと装備を切り替えて、今度は夏道から黒岳山頂を目指しますよ
雨は上がったものの、爆風に煽られながら石室へ転がり込む。
気温もずんずん下がって、耐寒訓練さながらな一夜を明かす(というのは誇張しすぎだけど、寒かった)

ご来光1
不覚にも二度寝してしまい、日の出は桂月岳ピーク手前で迎える。
・・・でもこれって、山頂から撮るより綺麗じゃない?なんて、負け惜しみに聞こえるかしらん(笑)
山の端から出た太陽は、一旦帯状の雲に隠れ。。。
第二のご来光
第二のご来光は金色に輝いていた。
第二のご来光2
夕暮れ時にも見えそうだけど。。。
同じ日の光でも、朝焼けはどうしても新鮮だ。空気の違いか。

ご来光3
だんだんと、日光に照らされて、地のものがモノトーンから起き上がってくる。

赤い北鎮
振り向くと、北鎮岳が赤く染まっている。

明けた
ほんの数十分でショーは終わってしまう。
もう、清々しい山の朝。

石室前で、1時間以上もかけた朝食タイムを満喫する。日常ではありえない贅沢・・・

チングルマと・・
チングルマの綿毛と、平山方面・・・かな?

氷づけ
なんと、足元には氷漬けの葉が。昨夜寒かったわけですよ。

赤色対決
樹木の紅葉はもう一歩だけれど、ウラシマツツジやキンバイの葉は紅色に染まりつつある。

コケモモ
コケモモの実。

山の花は終わってしまったけれど、おしゃべりの花は咲き乱れ・・・
いつしか分岐を通り過ぎて間宮岳の山頂に立っていたのでした
ま、まぁ、当初の心づもりはお鉢一周だったし。いいか。

と、あんなネタやこんなネタでカムイミンタラ↓に爆笑の渦を振りまいてしまいました。
お鉢平
お鉢にこだまして余計うるさいってもんですな(神様ごめんなさい?!)

IMGP4618.jpg
黒岳再び。

招き岩
招き岩。一面に色づくまではあと1週間くらいかな???
さすがにどう頑張っても「初秋」を認めざるを得ない週末。
素敵な出会いと発見にも彩られつつ、幕を閉じたのでした。
ぼのさん、ありがとうございました
スポンサーサイト



2011.09.12 / Top↑