FC2ブログ
先週からの雨続きで、大きな沢は諦めていた。
でも、ここならもしかして、、、と向かった先は(北の)白水沢。
当初、今週は一人かな~、と思っていたけれど、長らく「いつかご一緒したいなぁ」と思っていたぼのさんにお声掛けしたら、ご快諾いただきました。

眠い目をしょぼしょぼ現地到着下山地に車をデポしてMTBで入山ゲートへ向かいます。
石狩川本流はいまだとんでもない増水。ゴーゴーという水音の脇では話し声も届かない
でも、暫く続いた雨がこの日の朝からは晴れるとの予報を信じて、いざ出発
1時間ほどで通称メロンの滝に到着です。
メロン
とりあえず入渓地点まで歩を進めるも・・・
明らかに増水気味、そして雨も予報に反して止まない
私の気持ちは半分半分。ぼのさんもやはり同じように感じているみたい。
試しにほんの数十メートル歩いてみると、渡渉の1回1回にかなり慎重にならざるを得ない水の勢い。
う~ん、初心者OKの沢と聞いているけれど、明らかにこれは普段よりかなり増水していると思われる。
無理しても楽しくないので、撤退。

空は
国道を歩いていると、無情にも晴れ間が見えるが、振り返ればやっぱり山の上は黒い雲に覆われていた。
下の方にちょっと見えるのが暴れる石狩川本流。

気持ちと装備を切り替えて、今度は夏道から黒岳山頂を目指しますよ
雨は上がったものの、爆風に煽られながら石室へ転がり込む。
気温もずんずん下がって、耐寒訓練さながらな一夜を明かす(というのは誇張しすぎだけど、寒かった)

ご来光1
不覚にも二度寝してしまい、日の出は桂月岳ピーク手前で迎える。
・・・でもこれって、山頂から撮るより綺麗じゃない?なんて、負け惜しみに聞こえるかしらん(笑)
山の端から出た太陽は、一旦帯状の雲に隠れ。。。
第二のご来光
第二のご来光は金色に輝いていた。
第二のご来光2
夕暮れ時にも見えそうだけど。。。
同じ日の光でも、朝焼けはどうしても新鮮だ。空気の違いか。

ご来光3
だんだんと、日光に照らされて、地のものがモノトーンから起き上がってくる。

赤い北鎮
振り向くと、北鎮岳が赤く染まっている。

明けた
ほんの数十分でショーは終わってしまう。
もう、清々しい山の朝。

石室前で、1時間以上もかけた朝食タイムを満喫する。日常ではありえない贅沢・・・

チングルマと・・
チングルマの綿毛と、平山方面・・・かな?

氷づけ
なんと、足元には氷漬けの葉が。昨夜寒かったわけですよ。

赤色対決
樹木の紅葉はもう一歩だけれど、ウラシマツツジやキンバイの葉は紅色に染まりつつある。

コケモモ
コケモモの実。

山の花は終わってしまったけれど、おしゃべりの花は咲き乱れ・・・
いつしか分岐を通り過ぎて間宮岳の山頂に立っていたのでした
ま、まぁ、当初の心づもりはお鉢一周だったし。いいか。

と、あんなネタやこんなネタでカムイミンタラ↓に爆笑の渦を振りまいてしまいました。
お鉢平
お鉢にこだまして余計うるさいってもんですな(神様ごめんなさい?!)

IMGP4618.jpg
黒岳再び。

招き岩
招き岩。一面に色づくまではあと1週間くらいかな???
さすがにどう頑張っても「初秋」を認めざるを得ない週末。
素敵な出会いと発見にも彩られつつ、幕を閉じたのでした。
ぼのさん、ありがとうございました
2011.09.12 / Top↑
今年もこんな季節になりました「札幌タパス」イベント好きってほどじゃないけれど、これは知り合いが主催していることもあって、割と参加しているかな。。。
Tちゃんと一緒に、回ろうね~と9枚綴りを購入してみたものの、連日の
豪雨じゃ飲み歩きもままならないので、まずはランチで
110906_1359~01
職場のご近所にお店発見。フランス・ビストロ料理とワイン「モンペール」へ。お店へ入った途端、「あ、〇〇キチ!」(←私のことね)って呼ばれてプチびっくり。Mさんお仕事ご苦労様です。
110906_1331~01
お肉と魚の盛り合わせ&ワインのちょっと贅沢気分なランチ鶏肉が白いソースで魚がトマトソースなところがいいですね。

なんとか雨も上がったので、夜は2人で地元へ繰り出しました
110906_2031~01
Restrant RIO@裏参道 地図を見て最初???だったけれど、そういえば割と最近お店が出来てたのでした。
またまた入るや否や「あ、〇〇〇さん」(←同じく私のこと)って声がして、知り合いのご夫婦が。
みんな似たような行動様式のようでして

1杯&一皿なので、サクサク次に行きましょう~
110906_2056~01
同じく裏参道「バル・タベルナ ドン・バロン」すっかり忘れていたけれど、何年か前のタパスでみんなで来た気がするね。。。と2人でうなずく。ここは好みに合うので、普段でもまた来たいな。

110906_2203~01 110906_2141~01
3軒目はちょっと南に下って「檀」おしゃれで高級感のあるお店。タパス以外の人も沢山いて、なんとか座れました。
タパスじゃなかったらきっと敷居をまたげないな・・・
そんなお店にも気軽に行けちゃうのがこのイベントのいいところ。
普段は1軒に居座りがちな私たちも、3軒+タパス以外の行きつけ1軒、4軒もはしご酒~

110907_1407~01 110907_1455~01
ラスト1枚はまたまたランチ利用。いつも通っているビルの地下2階にこんなスペースがあったなんて
CAI02 アートギャラリー&カウンターカフェ。都会の穴ぐら的スペース。すっかり気に入りました
ずっと本を読みながら過ごしたけれど、カウンターの向こうでは個展をやっている女性とお店のマスターがアート談義。
思わず耳がピクピクしたりして。

2人でたった¥6200だけど、なんだかとっても贅沢をした気分。楽しかった~
2011.09.07 / Top↑
待ち時間が多いと頁がすすみます(^^)
「プライド」真山仁
323321.jpg
新潮社のサイトで見て面白そうだと手にしてみた。初めて読む真山仁さんの本。
事業仕分け、医療、農業、賞味期限偽造etc. 現代の新聞記事の裏に隠されていてもおかしくないな、ありえるかも~と思わせるストーリーの短編集。
特に事業仕分けはまんま蓮●かと思うような女史がやり込められるシーンにスカっとしました(笑)
そして筆者の書きたい「プライド」;生き方に矜持を持つ、ってあとがきの言葉が心に響いた。
うう~ん、朱に交わって赤くなってちゃ、いかんよな。なんてね。
リアルタイムの面白さを実感。
と同時に、十年経ってこの本を読んだとして、笑い飛ばせるんだろうか・・・?と見知らぬ十年後を考えてしまった。
(蛇足*ちなみに矜持は正しくは「きょうじ」と読むのね。「きんじ」って読んでた衿って襟だよねぇ。。。?)

どこかの読書サイトで見つけておもしろそーと手に取った1冊、いや3冊。長かった~
「ガダラの豚」中島らも
ramo.jpg
新興宗教?アフリカ呪術?超能力?アル中の大学教授とその家族、えげつないTV番組制作とか、、、モチーフにされているものは少しだけ非日常。
なんだかとんでもないことが次々起こる一大フィクション。
笑える。
ちょっとスプラッタなところは気持ち悪いけど、まぁ奇想天外でありながら決してファンタジーではないストーリーの面白さで帳消し。
こちらの世界とあちらの世界の中間を巨大セットにしてみました。というところかな。すごい本でした。
2011.09.04 / Top↑