FC2ブログ
下りは自分にとってはかなりのスローペースになることが予想されたので、お花モードで。
as22.jpg
ヤマハハコと山部の集落。

as23.jpg
タカネトウウチソウ

as24.jpg
おぉっ、ナナカマドの実は早くも色づいていました。

as27.jpg
ヒョウタンボクの兄弟は色違いこの時期ならではですね~

as26.jpg
エゾリンドウを見ると、なんだか秋を感じてしまうなぁ

as28.jpg
覚太郎コースを下っていくと、沢に出る。ヤマアジサイ(?)ガクアジサイ(?)
普通の(高山以外)山に咲く花の中では一番好きな花。
地元鎌倉を思い出すから。

as29.jpg
きのこの家族。

as30.jpg
ヤマグワの実も・・・美味しかった
下界は暑さが続いていた先週末だけど、草木に目をやると確実に秋の足音を感じてしまいます。
あぁ~、もう少し「夏」続いて欲しいな
2011.08.17 / Top↑
芦別本谷といえば、残雪期に登ったのはいつのことだったろう。
今回は真夏の沢登り。同じ山、しかも同じルートを別の季節に行くことはとても興味深い。
正直、ピークハントにはそれほど興味がないけれど、同じ山をいろんな角度から味わうのが私の流儀かもしれないな。。。

登山口から旧道を使わずに沢伝いで。

as2.jpg
2時間もかからず本日の宿、ユーフレ小屋に到着。

as3.jpg
早かったのでゴルジュ偵察。かなりの増水。F1はザイルを出しても厳しく、明日は早々に高捲くしかなさそう・・・

as4.jpg
残置はあるものの、高さがあるのでちょっといやらしい捲きですね。
オイラはトップで行く勇気、ないかもなぁ~

as5.jpg
高捲き終わって振り返る。ごるごるしたゴルジュ(謎)

as6.jpg  as7.jpg
青い空にスカイラインが映える!登行意欲の湧く眺め と、 足元には・・・この模様にはどんな歴史が隠されてる???

as8.jpg
820の二股でスノーブリッジ現る。

as9.jpg
コントラストが強調されるような深く切り立った谷。

as10.jpg
谷に咲くミヤマオダマキ

as11.jpg
核心その2(かな?)右岸から登るが、ホールドが微妙なのと抜け出た上が見えないので、慎重に。ハーケンを打った。

as12.jpg
滝を抜けると、一気に空が開ける。
ガレ場を少し行くと沢筋は雪渓にびっちり埋まってしまった。
北東向きの切れ立った谷なので、雪は遅くまで残るのだろう。もしかしたら何年も融けない雪渓もあるのだろうか。

as14.jpg
背後には富良野盆地が広がる。市街地の近くなのに、このアルプス感。すごいなぁ芦別岳。

as15.jpg
あまりに急なパートはフィックスを張る。

as16.jpg
源頭は面白い小滝の連続。沢登りの醍醐味だ。

as17.jpg
高度感抜群!と思ったのだが、実はまだまだここでその言葉を使うのは早かった。
水線が切れるとガレ場が延々と続く。岩盤がもろく、常に山体が崩れ続けているといってもいいようなこの谷。
落石恐怖症の私にとっては、怖さとの戦い。
実際、先行者の落としそうになった大岩を手で押さえた拍子に指先をプチ負傷イテテテテェ

急峻なザレ場は雪崩のように砂利が滑り落ちる。
体重を四肢に分散させて、斜面に衝撃をかけないように・・・

as18.jpg
やっとのことで山頂直下の旧道に出た。

as19.jpg
青空に吸い込まれていくぅ~

as20.jpg
山頂に興味がないと書いて下の根も乾かぬうちに覆しちゃうけど(笑)今日のピークは嬉しいっす

山頂一周
素晴らしい快晴に恵まれ、北海道中の山が見渡せそう
山頂の端っこに立って、登ってきた本谷を見下ろすと、クラクラ~っと目がくらんでしまうのでした。

長くなりすぎたので、あとはおまけ編へ。
2011.08.17 / Top↑
ここのところ、沢のことばっかり書いている。
たまには本の話も・・・

7月29日発売の佐々木譲さんの道警シリーズ「密売人」
釧路・小樽・函館と離れた3箇所で起きた殺人事件。と、札幌でのちょっとした出来事。
描写もパラレルに進む。
当然、読者もその関連性が気になっているところに、おなじみ佐伯チームが紐を解いていく(いや、糸をつなげていく、のほうが適切かな)
なんちゃって、中身書いたらつまんないので、この暑い中、スキッとしたい人、読んでください。
登場人物が多いので、あまり細切れに読むと「えーっと」ってことになってしまいますが。(単に私の記憶力の問題?)
ぐいぐい引き込む文章に、あまりその心配も要らないかも。

北海道、主に札幌が舞台になっているので、札幌人としてはそういう楽しみもありますね。
最初に出てくる殺人の舞台なんて、あ、そこ、(スキーで)滑ったことあるし!この前友人も沢歩き行ったばかりだし!なぁんて、超・個人的なハナシで勝手に盛り上ったり。。。

それとラストがおしゃれだったな~

譲さんの小説はいつ読んでも心がフワっと温かくなるエッセンスが入っているところが好きです。
2011.08.10 / Top↑
翌日も気持ちのよい空。今日はGさん率いる(決して爺さん、ではない)6人パーティ。
Mさんはなんと沢靴を忘れて、山頂で合流しましょう~いろいろお話したかったのになー


m11_20110809165957.jpg
昨日、発見のヘツリホールド。今日はみんなで試します。

m12_20110809165958.jpg
水量は多くなくて、静かなたたずまい。連日歩いても飽きません

m13_20110809165959.jpg
Gさんのカメラ目線

690から右股へ、いよいよここから未知の世界。
m14.jpg
右股自体が滝で高捲いたが、その先も滝・・・ルーファイするも、ガレが危なさそうなので、ここも左岸から高捲く。

m15.jpg
つづく、つづく・・・右股も噂どおり飽きさせない。

m16.jpg
一見直登不能な滝は、
m17.jpg
脇のルンゼと微妙な草つきのトラバースでクリア。
難しくはないけれど、気は抜けない。

源頭の詰めは微妙な判断。
沢型が続いてくれることを祈りつつ、左をとる。
多少の潅木トンネルを抜けると、背の低いハイマツ帯へ出た。
ガレ場までトラバースして、あとは稜線を目指すのみ。
m18.jpg
タルマエソウと右は何の新芽???

m19.jpg
Mさんの待っている山頂へ着く頃には、後ろのほうから雷鳴が
そして今日も眺望は虫のみんもう~

派手派手の山頂看板に免じて、大好きな楽古岳だからまぁよしとするか。
この後、帰路の車中で同行のOさんに聞いてびっくりなんとこの看板、Oさんとそのお仲間が担ぎ上げたそうです。
あの急な夏道を・・・それはそれはご苦労様でございました。

2周しても充分に楽しい沢登り。ノンアルコールビールで乾杯
2011.08.09 / Top↑
7年前の晩夏、私の人生を狂わせた山。それが楽古岳だ。
コイボクメナシュンベツ川からの、と接頭語をつけないと語弊があるかな。
急峻で明るく空の開けた沢を、クライミングっぽく登り、その山頂に到達したときには言いようのない幸福感に包まれたのを、今でもはっきり覚えている。
そういえば、沢登りはそれまで何度か経験があったけれど、ピークへ詰める沢は初めてだったかもしれない。
ともあれ、ここ数年、再訪したくてたまらない場所のひとつだった。
名称未設定0001
今回は、一日ずれて入山する2パーティに合流。地図青線が登り、赤線が下り(夏道)
2日連続で楽古岳をやってきた。(さすがに我ながら呆れるけど)

一日目はコイボクメナシュンのノーマルルートSちゃん、Cさんと同行。
m01.jpg
通常は巻く滝だけど、忍者Cさんにかかると、ヒョヒョイとへつりんぐ~
あ、なんだココ、登れるんじゃん
m02.jpg
ちっちゃな釜続き。ヌビナイの箱庭か。。。
m03.jpg
650Co左股はこんな高くて美しい滝。こっちは行かないけれどネ。

m04.jpg
いよいよCo750からの核心です
高度感抜群の開けた滝をぐんぐん登っていくよ
↑ココはちょっといやらしかったので、先行のCさんからザイルをもらう。そう、命がけでのぼっちゃダメーっ
m04_20110809172803.jpg
標高差200mほどを一気に詰める。
あまりに急なのと、途中の屈曲により全容をフレームに納めることが出来ないのがとても残念。
見たい人は絶対行くべきです

m05.jpg
振り返ると隣の十勝岳が見る見る低くなっていく。

源頭の詰めはちょっと間違えて、お約束のドラム缶にはたどり着けないまま・・・
m07.jpg
山頂で~す。

m08.jpg
イナゴの大発生か?と見まがうほどの虫の大群に追われてそそくさと退散。
肩の広場でラーメンタイムいつもお馴染みの山頂ラーメンも、作る人によって味が違って美味しい~
夏道の大嫌いな(笑)3名は、楽古山荘目指して駆け下りるのでした。
2011.08.09 / Top↑