FC2ブログ
日曜日は宮王さんにお付き合いいただいて二股から先は未遡行だった漁沢右股へ。
MAP.jpg
2.5万図を見ると、右股を辿ると名前もない沼に行き着くことになっている。
前日「癒される、綺麗なところだよ」とも聞いていたので、ここを目標に遡行開始。

土場からのショートカットで入渓、少し下って二股から遡上する。
IMGP4153.jpg
程なくして青い函をもつ小滝。もいるように見える。
左岸から巻いて進む。
なんとなく、本流よりも水が綺麗に見えるのは気のせいかしら。

IMGP4172.jpg IMGP4155.jpg
唯一の核心?近づいて観察するけれど、手前の釜は深いし、ヌメヌメとしてホールドも乏しそうなので、これも巻くことに。
スタートの二股で合わせた時計の高度計が、今日は気持ちよいほどに地図上の二股とピタリ、ピタリと合う。
(ま、大した距離歩いてないので、当たり前っちゃ当たり前だけど)

IMGP4159.jpg
780の二股を過ぎると、急に水の流れがチョロチョロになって、しまいには消えちゃった。
伏流してるのだろうけれど、年中枯沢ではなくて、雪解け時期はある程度の水流があるような気配。
水音が止むと、鳥の声が目立つ。コマドリがとても近くで鳴いていて、キョロキョロしてしまう。なかなかお目にかかれないもんね(←コマ(駒)ドリw)

IMGP4161.jpg
ここなども、流れがあれば綺麗な滑だろうに。。。
沼に着いたらラーメンタイム、と思っていたので、このまま枯沢だったらどうしよう?とか頭の端で心配。

IMGP4164.jpg
水の流れは途中から復活したのだけれど、、、今度はどうも本流が地図と合わない。

IMGP4165.jpg
顕著な二股もなく、現実の本流からは逸れていないのに、どう考えても北寄りに来ている。
アンチョコGPSで現在地確認しても、やっぱり・・・
仕方がないので引き返してわずかでも二股を探したけれど、とてもくぐりぬけて行く気にならない低い笹トンネルばかり。

IMGP4170.jpg
そのとき、足元に湧き水のような流れを見つけた。どうも沼のありそうな方向から、薄い地表の下をくぐった水の流れがある。
とはいえ、目の前は笹と潅木もじゃもじゃの藪に過ぎない。
う~ん、サイボーグ宮王さんと一緒だって、さすがにあてもない藪コギをする気にはならない。

というわけで、撤退。
幻の沼は幻のまま・・・となったのでした。
スポンサーサイト



2011.07.27 / Top↑