FC2ブログ
道産子の味といえば飯寿司である。

と断言してよいかどうかは甚だ疑問ではあるけれどw
私にとって、道産子の母の味はお母さんの漬ける飯寿司(いずし、と読む)だ。
もちろん、道内には私の母はいないので、飯寿司=憧れの味、なワケ。
(飯寿司@ウィキ抜粋;ご飯・米麹・魚・野菜を桶に入れ、重石をのせて漬け込み、乳酸発酵させて作るなれずしの一種。)

スーパーでも売っているけど、いろいろと添加物が入っていそうなわりに、高い。
自分で漬けたいのもやまやまだけど、ちょっと難しそうだし。。。
なんて考えあぐねていた矢先、よく通る国道沿いに手作り飯寿司を売っているお店を発見した
b1_20110307213650.jpg
少し前に道新にも載ったようなのでご存知の方もいるかも・・・?
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/shiribeshi_tabi/115517.html
小樽と札幌のちょうど境目、5号線沿いにある「ひろせ商店」さん。
漬物専門ではなく、お酒に雑貨、灯油まで扱っているいわゆる雑貨屋さんなのだけれど、自宅用に漬けた飯寿司などを店に並べるうちに評判になったというから、味はホンモノですね(^_-)
お金だけじゃ解決できない味が近場に見つかった感動~~~

初めて寄った際も、屈託の無いお母さんが、飯寿司の作り方に興味津々の私にいろいろ話してくれた。
作っている人=売っている人 という店は実はそう多くはない。
モノにしても技術にしても、実際に手にかけている人の体温を感じられるシーンて、すごく素敵だと思うな~


前回、3つの魚種の飯寿司を買って、とっても美味しかったので、今回はドドーンと1.5kgも大人買い(笑)
おまけも頂いたので、現在、ウチの冷凍庫は彼らで満員ですwww
季節モノだから、次に買いに行くのは今年の暮れになるのかな。。。
スポンサーサイト



2011.03.07 / Top↑