FC2ブログ
女満別で母と合流、冬の道東トリップへ行ってきた。
b1_20110220234127.jpg  b2_20110220234127.jpg
まずは網走・北方民族資料館。↑アザラシの腸で作ったポンチョとアイヌのスキー
見るポイントがずれてる気もするけど、私にとってはどっちも「すごい!」よ。
今まで足を運んだ北方民族関係の博物館の中で、ここの展示は今までの中で一番面白かったかも。
イヌイットのアザラシ猟の様子のVTRは必見です。
お約束の網走監獄と天都山も押さえて、夜はPきちご推薦の鯨料理のお店に(美味しかったよ、ありがとう!)

b4_20110220234106.jpg b3_20110220234107.jpg
一応、今回の目玉。流氷船おーろら号。
去年は接岸期間が短かかったので心配したけど、流氷バッチリまずは胸をなでおろす。
船内放送で「右前方にオジロワシがいます」って、目を向けるとオオワシだったwのはご愛嬌。
それにしても流氷船の大盛況には驚いた。
(内心、北海道の自然を目的にした観光は、一極集中にならざるを得ないのよね、、、とその辛さも感じてしまうのでした。)

b6_20110220234106.jpg
3日目は天気に恵まれ

b5_20110220234106.jpg b7_20110220234106.jpg b15.jpg

母、人生初のスノーシュー散歩。
本当は前日の予定だった神の子池。前夜もっさりと積もった深雪に阻まれてタイムアウト。
池は見られなかったけど、母の目には雪の振る舞い一つ一つが新鮮らしく、楽しめたかな・・・(?)
そして屈斜路湖畔から和琴半島へのホーストレッキングにも挑戦。
馬場で縄(?)をかけて連れてくるところから。
これは過去にも一度だけ経験があるのだけど、馬は本当に人間の心を鏡のように映すと思う。
好きだけど、どちらかというと恥ずかしいのよねなんていうか、馬を前にすると、もぉ、参っちゃう、っていうか。。。そんな感じ。ココまで運動不足と運転でこわばっていた身体がほぐれるのもありがたい。
ちなみに、雪の中をジャンプしながら歩く馬の背で、母はほぐれるどころじゃなかったそうだ。

b8_20110220234105.jpg  b9_20110220234021.jpg
移動しながら、釧路湿原を上から眺めたり、間近で丹頂を眺めたり。

b14.jpg  b13.jpg
鶴居で泊まったお宿・夢工房はなかなか素敵な建物&かなり美味しいお食事で大満足。

b10_20110220234021.jpg b16.jpg

そしてトリは冬のSL湿原号釧路~標茶間を往復乗車。
母、車内のだるまストーブを懐かしむまでは普通の母だが、「キハ」だの「キロ」だのって、なんだか詳しい
もしや元祖・鉄子さん・・・?

久しぶりに会った母娘とはいえ、4日も顔をつき合わせていると、さすがにおしゃべりのネタもつきて、無言でワンカップを傾けながら(あ、傾けたのは自分だけです・汗)帰路に着いたのでしたとさ
スポンサーサイト



2011.02.23 / Top↑