FC2ブログ
仕事の絡みもあって、Kitara小ホールへ。
合唱グループ、コーロ感透音の定期演奏会とのこと。
ラテン語のミサ曲を歌うの、と聞いて、興味を持った。



ひどく音楽教育に熱心な?ミッション系の学校に通っていたため、強制的にラテン語の聖歌を歌わされていたワタシ。
キリエ、グローリア、サンクトゥス、、などと聞くと妙に懐かしいわけで。。。

今回のミサ曲はヴィラ・ロボスという19世紀、南アメリカの作曲家によるものだった。
へぇ~、ミサ曲ってヨーロッパだけじゃないんだ
学校ではモーツアルトやフォーレ、、、(あとは思い出せない)とか「いわゆる」作曲家として名前の浮かぶ人のミサ曲しか習わなかったので、なんとなく古典的なものだと思い込んでいた。
ラテン語だって、古語だし。

合唱はピアノ伴奏のないアカペラを30人程度で歌い上げる。
通常、男声パートはメンバー集めにさえ苦労すると聞いているので、趣味で歌う人たちにとって、どれだけ高いハードルなのだろう・・・と思いながら聴き入った。
旋律の抑揚がとても新鮮に感じられた。
古典的なミサ曲とは明らかに違う。
それでいながら教会音楽独特の崇高な響きがあって、なかなか素敵な楽曲でした

客演指揮者の樋本さんが「宗教曲は決して静かとかおだやかとか辛気臭いものではない。信仰の情熱が静かで穏やかなはずはないのだから」と語っているが、これにはとても共感。
いや、自分はいわゆる宗教としての信仰は持っていないし、教会音楽が好きなだけなんだけど。
あの音響のいい教会という場所で、美しくて情熱的な合唱を聴く、もしくは信者自身が歌う、ということは一種の陶酔状態なんだろうな。。。と、シスターのお話なんて大嫌いだった私だって思うのだから(笑)

そのほか、ポピュラーな合唱曲「水のいのち」は学生時代の合唱コンクールを思い出す。
客演のパーカッショニスト笠井尚貴さんと大谷大学の学生さんは明るく愉快な演奏を。
しめは北海道ゆかりのポップス、ドリカム、千春、中島みゆき等という飽きない構成。

いい2時間でした。
スポンサーサイト



2010.10.23 / Top↑
先般、井上紀子「父でもなく、城山三郎でもなく」を読んだ後、城山三郎自身が妻亡き後書き綴った随筆「そうか、もう君はいないのか」があることを知った。
ちょうど本屋さんでぶらぶらしているときに見つけたので、思わず手にとってしまう。
そういえば「父でもなく、、、」を見つけたのも紀伊国屋だったな。
文字が大きくて薄い本なので、蛍の光♪が流れる頃には読み終えてしまった。

そこには杉浦英一(本名)の大まかな自伝が記されている。
奥さんのことを書いた、というよりは、彼の人生は振り返れば常に容子さんがその傍らにいてくれた、という感じ。

とってもピュアで素敵な夫婦像。
これは小説家だからそう書ける訳じゃ全然なくて、本当に素敵なご夫婦だったんだろうな~と。

心に灯りがともるような一冊でした。



2010.10.23 / Top↑