FC2ブログ
先週の日曜日は、Yナちゃんがオーナーになっているという美唄の「ふゆみず田んぼ」の稲刈りに参加した。
日本人としてはかな~り気になっていた稲作。
春に彼女がオーナーになったと聞いて、かなり興味津々。自分も出資しようと思ったほどだった。
しかし季節の移り変わりのなんと速いことか!!
もう稲穂は頭をたれてましたわ。

e1_20101003234837.jpg e2_20101003234837.jpg e3_20101003234838.jpg e5_20101003234838.jpg

通常の農業であればもちろんコンバインを使うのでしょうが、イベントなので、鎌で刈ります。
刈った稲を束に結わいて・・・慣れないとちょっと難しい。
山ガールならぬ、農ガールファッションが素敵です。
Yナちゃんのつなぎ姿には惚れました。いいなぁ~。ちなみにロゴは農機具メーカーのものらしいです。

e4_20101003234838.jpg e6_20101003234839.jpg
マガンの渡りの中継地として有名な宮島沼のすぐ横。某NPO学生時代は双眼鏡を持って鳥を見に来たものでした。まさかそこで自分が稲刈りするとは夢にも思わなかったなぁ。
そういえばハンターYぐっちが撃った鴨の食道にはいっぱい米が詰まっていた(肉も米の味がした)と言っていたけれど、マガンも米、食べるんでしょうね~
この日、マガンは出勤中で少数しか見かけませんでしたが。

せっかく美唄まで来たのだから、と終了後は「アルテピアッツア美唄」へと足をのばす。

e7_20101003234911.jpge8_20101003234911.jpge9_20101003234911.jpge11_20101003234912.jpg
青空の下、広々として気持ちの良い彫刻公園でノンビリ~~~~
昔、絵をやっていたこともあって、一時期は美術館によく行っていた。
その中では彫刻っていうものはよく分からないし、あまり好きなほうじゃなかった。
でも、ここの安田侃さんの大きな石達は結構好きかも。

e10_20101003234911.jpg
理屈なんかないけど、暖かい太陽の下で、このすべすべした大きな石の上に寝転んだらついつい居眠りしてしまうくらい、なんとなくしっくりした。

e12_20101003234912.jpg
まるっこかったり、角ばってたり。こんな大きな石の塊は地球の中のどんなところで生まれたんだろう???
具象でないから、そんなことを思う余裕も持てる。
そういえば、札駅にも、洞爺にも有珠にも、あっちこっちで今までも目にしていたんだねこの人の作品は。
気づかないうちにあちこちの風景の中に溶け込んでる。

この後行った沢の中で考えたのだけど、私はやっぱり自然が作り出した形に惚れ惚れしてしまう。
沢も、鍾乳洞も、葉も、結晶も。
侃さんの大きな石は、そういうものとなんか似ている気がした。
スポンサーサイト



2010.10.03 / Top↑
最近blogの更新を怠っている。
日付順にこだわっていると埋没してしまいそうなので、新しいところから。。。

土曜日、今シーズン最後になるかもしれない沢に行ってきた。
美瑛岳アバレ川。
ここの遡行記録は去年までは皆無。
沢友達のYちゃんがたまたま行ってみたらすごく良かったよ。といっていたのは覚えていた。
今回はGさんが遡行するのに混ぜてもらった。

入渓からしばらく続く砂防ダムと美しくない河原。
本当にいい沢なのかしら・・・?と思い始める頃、一つ目の滝がセンセーショナルに登場する。

e1.jpg
6mの直瀑は勢いよく飛び出してきていて、その裏を通れるほど。

全体に水量はそれほど多くないものの、溶岩台地に特徴的な函っぽくて苔むした渓相が続く。
e3.jpge4.jpg
連続写真                左→右    あらよっと!
ドボンするには寒すぎるので、ほどよい緊張感があってよい。

e2.jpg
倒木更新。一部違う子が進入してますが、みんな仲良くしてね?!

e12.jpg
ここの川の名称「アバレ川」は当然、増水したときの氾濫具合から来ているんだろうけど、個人的にはまた別の解釈も浮かんだ。川底を成している溶岩岩盤の形がとてもバリエーションに富んでいて、その上を流れる水に様々な模様を形作らせている。まるで「流れるプール」を思わせるようなものや、計算して作られたような流線型の飛沫を上げているところ。川底の岩盤だけ見ればそこに沿って流れてもよさそうなのに、上流との屈曲具合によってそこを逸脱し、壁面に弧を描いている水流。どれもこれも「アバレ川」の名前にふさわしい動く彫刻のようだった。

e5.jpg

こういうときは我ながら描写の稚拙さと写真技術のなさにガッカリするけれど、道内の沢の遡行本数でいったらおそらく史上3本の指に入る(?)Gさんでさえ「こんなにいろいろな表情を持った沢は僕も初めてだ」と言う。

e6.jpg
右手前の襞になってる岩の割れ目なんかは、溶岩が固まるときに収縮して出来たんじゃないかな??とか思うと、もう、私はゾクゾクしちゃう。(変態だ)

e7.jpg
頭上に目を転じれば、まだ紅葉が残っている。

e8.jpg
視界が開け、山が見えてきたよ。

この手前でポンピ沢と山頂へ向かう沢の分岐があるはずなのだけど、その水流は見当たらなかった。伏流してたのかな?と話し合う。

e9.jpg
そしてこれが最後の勝瑛ノ滝。高さ何十メートルだろう?これまた水平な岩盤から水が飛び出してくるような迫力のある滝。Sさんがこの沢は直瀑に始まり直瀑に終わるね。と言っていた、ホントその通り。
右岸から高巻いて少し行くと、美瑛岳と十勝岳の縦走路に出る。

快晴の空に、登頂も逡巡するが、今日の沢はこれで十分満足したよね。と望岳台へ向かったのでした。

おまけ

e10.jpg
青空に噴煙上げる十勝岳。山の上から見ていたら、なぜか富良野盆地のあちこちからも噴煙が・・・?
帰り道で、秋の野焼きと判明。

e11.jpg
望岳台より美瑛&美瑛富士方面。
2010.10.03 / Top↑