FC2ブログ
耕してもいないし、雨だからってわけでもないけど。
怪我、それもまだはっきりしていないので、どの程度動いていいのか動かないほうがいいのか分からん週末は・・・
読みたいホーダイ、観たいホーダイ、聴きたいホーダイである。
CD.jpg

読んだもの
来月の譲さん作品「五稜郭残党伝」舞台公演に向けて、譲さんモードUPな今日この頃。
残党伝に近いテイストのものとして「黒頭巾旋風録」を読んでみた。
蝦夷地で和人がアイヌを散々痛めつけていた(泣)頃の話。
どこからともなく颯爽と馬に乗った黒頭巾が現れ、アイヌ惨殺現場を救ったり、、、という伝説にヒントを得て描かれた譲さん曰く「北海道ウェスタンシリーズ」の1冊です。
西部劇になぞらえて「ウェスタン」なんだけど、私的にはイースタンでしょ、とつっこみを入れたくなる、愛すべきイースト蝦夷地の昔話です。どうやら黒頭巾さん、本当にいたらしいんだけど、悲しいアイヌの歴史の中にも、こんなことがあったとしたら、少しだけ嬉しいな、と思えます。

観たもの
「幻影師アイゼンハイム」http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=327031
なんだか胡散臭い題名ですが、ジャケのエドワード・ノートンに負けて借りました(笑)(やや頼りなげな優男に弱い私・笑)
身分の差、皇太子のチョビ髭、マジックなどなど、ベタになりがちだけど、意外にすんなりと物語に入れました。
めっけもんのB級映画に近いかな?
好みはあるかもしれないけどw
アメリカ映画だけど、アメリカっぽくないところがいい。

「ラフマニノフある愛の調べ」http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329897#2
先般、札響のコンサートで聴いて以来、気になっている作曲家の一人、ラフマニノフ。
手っ取り早く背景を知るには映画でしょ。ってことで借りて観た。
そっか~、ちょうど私の100年前に生まれてるんだ。ロシア革命で亡命して、米国では人気のピアニストだったのね。ってことが分かった。淡々と描かれていて、映画としては盛り上がりに欠けるかな。コレに限らず、作曲家が作曲をしている最中って、すっごく荒れたり、書いた楽譜をクシャクシャっポイっ!とやったりしているように描かれている映像が多いけど、実際もそうなんだろうか???って素人のギモン。
しかも必ずそういうシーンには女性が出てきて、抱擁したり、はたまた「いい加減にしてよ」と喧嘩になったり(汗)普通、作曲とか文筆ってのはもっと集中して静かな中で行うことなんじゃないの???
って、思いません?(笑)


聴いたもの
バッハ無伴奏チェロ組曲by ミッシャ・マイスキー
チェロは人間の声にもっとも音域の近い楽器と言われているけど、宮沢賢治にも出てくるけど、、
なんかあの人間がちょうどすっぽりと抱えられるあの木の箱(?笑)の中から奏でられる音には、絶対に魔力が潜んでいると確信している。
身体の内側を優しくなでるような音にはまりまくりっす。

セルゲイ・ラフマニノフ 自作自演集
件のラフマニノフ、なんと本人の演奏を、現代の音響技術で再録音したCDのようです。すごいな。
若い頃から交響曲を作曲し、作曲家としても名声を高めていた彼も壮年以降は演奏活動が忙しくてあまり多くの作品を残していないとか。映画でもその苦悩が描かれていました。
このCDはピアノ曲ばかりだけど、次は交響曲を借りてこよう~
スポンサーサイト



2010.07.11 / Top↑