FC2ブログ
順序が逆になったけど、空の神秘(月食)を眺めた翌日は地の神秘(社台滝)を眺めに行ってきた。
沢そのものよりも林道のアクセスに不安があったが、同行のMさんは山でバイクをブイブイいわせているスペシャリスト心強い!

m11.jpg

幅広い河原歩きののち、こんな感じの苔むした巨岩帯となる。
苔の洞門を思わせる緑が、しっとりとしてて綺麗だな~
でも、ちょっと不思議ー

と思っていると
m12.jpg
層雲峡のような柱状摂理が現れる。
あ、な~んだ、全部あそこから落ちてきたのねだから苔苔してるんだ。
と、合点がいく一方で、今日は落ちてこないよね???とか思ってしまう。

いや、冗談でなく、5年前の忘れもしない8月5日、とある沢で、頭上ン十mからこの様な柱状摂理が落ちたてホヤホヤで、川を堰き止めんばかりになっている状況を見たことがあるのだ。
私たちは音は聞かなかったものの、一面の鋭利な巨岩。そして岩塵がまだ空に舞い、対岸の草本は風圧でことごとくなぎたおされていた。。。。

そんなことを思い出すような立派な柱状摂理。さすが噴火湾沿岸である。

観光気分で来たけど、意外に大岩を乗り越え乗り越え、よっぽど昨日より楽しいね~
なんて言ってる間に

m13.jpg

到着~~!
なんとも形容しがたい、不思議な形の滝、、、?岩盤、、、?パワースポット???がそこにちゃあんとありました
なんか、ムンクの「叫び」だねw

2010.06.30 / Top↑
購入以来、快適に通勤を続けていたおニューMTBだったが、昨夕、異変が起きた。
我が家への激坂を登っていると、妙な音がして、ギアの内側にあるプラスチック板の爪が割れた。

んんんん?一旦降りて、様子を見るが、これといって支障はみあたらないので、とりあえずよしとした。

が、今朝、いつも通り走ろうとすると、なんか、どころでなく、めっちゃヘン!
本来、ペダリングを止めた時(惰性運転の時)でも、チェーンはピン!と張っていてもらわなきゃ困る。
なのに、足を止めた途端、チェーン緩みまくり~の状態である。
お陰で漕ぎ出し空転半回転
ピストじゃないっつうーに
見てみると、リアディレーラーのバネんとこが、あまりにもヘタレで、フロントに引っ張られるがままになってるよう
な感じ。

新車なのにトラブル。なんとなく浮かない日中を過ごし、こりゃあどーしたもんかと、帰りに最寄の自転車屋さんに持っていった。

あの~、すみません!と声を掛けた瞬間、えー!こんなとこでバッタリの友人に遭遇。
聞けば、彼女もリアディレーラーの調子が悪くって来たんだよね・・・とのこと。

このところ、どうしているかな~?
一緒にビアガ行きたいな~?
と思っていたその人がそこにいる偶然にビックリ。

またここ(自転車屋さん)のおやじさんがいい人で、ちゃぁんと、故障の原因やメンテナンス方法を教えてくれるのだ。
最近行った、とある市内のサイクルショップでは、ディスクブレークのモロモロを聞こうとした途端「どうせ自分じゃなんもやらないでしょ」的な態度で、ややがっかり、しかもパンク修理やらせたら私より遅いし~(笑)
ってな経験を札幌に来て何軒かでしてきたので、おやじさんの職人気質には甚く感動しました
これをちゃんと直したら、やっぱ工賃かかっちゃうけど、自分でこれはずせばとりあえず走るのには問題ないよ。
って、無言で鋏を手渡してくれる、オイルの滲んだ手に、心が熱くなったぜ~!

ひとしきりチャリ談義のあと、友達と
このMTB達がそう仕向けてくれたんだね
もしかして、既に魂宿ってない???




積もる話で盛り上がり、夜は更けゆくのでした
2010.06.29 / Top↑
ふう~、やっと日記が追いついたw

m1_20100629142633.jpg
今年の沢初めは室蘭岳滝沢~裏沢

m2_20100629142633.jpg
シーズンインにおだってる私。

m3_20100629142634.jpg m4_20100629142634.jpg
ここも山の幸が沢山

m5_20100629142634.jpg  m6.jpg
小滝はあるものの、全てに残置ロープがあって、お手軽お気楽モードになっちゃうね。。

m7.jpg m8.jpg
ピークでは、室蘭一望の景色と、山の恵を堪能

m9.jpg
下りの裏沢にはこんな清水の壁もあったよ~

最後に秘境(?)川俣に寄り道して
m10.jpg
沢装備を脱ぐほど温かくはないんですけどね・・・

今は沢沿いの奥地となっているこの場所にも、古には温泉旅館が建っていたんだって、、、来るたび当時に思いを馳せてしまいます
と、しっとりとなったところでこの日は終了~
2010.06.29 / Top↑
滑りの翌週は気分を変えて道南にバードウォッチング



本当は赤いコを探しに来たんですが、黄色いコしか見つからず・・・
(注;アカショウビンという名前の赤い鳥=毎年夏に東南アジアから渡ってくる。魚を食べ、木に穴を掘って営巣する⇒綺麗な水と大木のある森にしか棲めない⇒昔は札幌市内でも営巣したけれど、年々、住める場所が減っている)

m2_20100629125601.jpg

お次は湖上をお散歩です。

m3_20100629125600.jpg
函館在住のHちゃんファミリー@ハンモック
きゃいーん、ゆうちゃん、生まれたときも超・感動したんだよ~、可愛く、賢く、そして逞しく成長しています。満2歳

m4_20100629125600.jpg
大沼神社で見つけた、怪しいアスパラガスのお化け?は後日「逆根蘭=サカネラン」であることが判明。

翌日は恵山の向いにある海向山に登って
鹿追の間欠泉見て
m5.jpg
これって蓋被せられてるから頭打ち(?)ですが、かなり凄いパワーでしたよ
噴火湾沿いはドコをとってもパワースポットだね(え、意味違うって?w)

バードウォッチングの敗因は、今回に限って一升瓶を持参しなかったせいなのだ、という結論に???






2010.06.29 / Top↑
日曜日はカリバった。と書き始めたのはもう何週間も前(汗)
えーと、行ったのは6月13日の日曜日でした。
前々から滑り納めは狩場と決めていたけど、斜面情報がよく分からなかったので、とりあえず新道から登って様子見ながら雪渓を滑ることに。
n3.jpg
↑まんまとこざるにダマされて連れてこられた(?)Mさん。

n4.jpg
昨秋、沢から来た山頂だけど、まさか1年に2回も来るとはね。。。



n5.jpg
登山道は○○○ネギの宝庫である。ウシシ。
こっちが本命だったのか・・・?

n8.jpg
意外に斜度あり

n2.jpg n1.jpg

暑寒で買って来た一升瓶と岡山のお土産で、滑り納めにかんぱ~い
次のスキーまであと5ヶ月くらいかな~
早く雪降れ降れ~(笑)








2010.06.29 / Top↑
まとめ