FC2ブログ
週末は春スキーのメッカ(?)増毛山塊へ
金曜日の飲み会も楽しかったもんだから少し遅めの出発。
幌天狗も考えて登山口に行ってみるも、雪なんぞ影も形もない・・・
一瞬、もう、今日は山菜採りにする~?と顔を見合わせるが、念のため、浜益御殿の登山口まで。
お、お、随分上まで林道が開いてるんですね~

晴れ
しかもこの快晴
二日酔い気味の頭を抱えつつも来てヨカッタ
背後には石狩湾、積丹岳、羊蹄、ニセコアンヌプリもくっきり見えました。
飛び交う野鳥に気をとられつつ、のんびりと歩く。

稜線に出ると、目の前に浜益岳がド~ンと広がります。
幌小川


ここは以前、沢から登ったことのある山で、遡行した沢は目の前の稜線の向こう側だ。
テント泊1泊で行ったけど、メッチャ遠くて足元ふらふらしたなぁ~、なんてことを思い出し、一人でニヤニヤ

浜益御殿山頂もそこから眺める浜益岳、雄冬岳にもスキーヤー登山者がぽつぽつ見えて、春山は大盛況

ウド 山菜
往きにアタリをつけていたご馳走たちをGET
白いお皿上、右からシャク、エゾニワトコ、スカンポ、タランボ、タケノコ、ウド。これ以外にもフキノトウ、先週採ったアイヌネギ。
お陰で買出しはお酒と天ぷら粉と油だけで終了~(笑)

閉店
も入らず駆けつけた国稀が閉店直後だったのは残念でした(17時閉店て早すぎでしょっ

暑寒山頂より
翌日は時たま吹く突風に煽られながら、4時間半かけて暑寒別岳ピークまで。
先週行ったBずさん、3時間半とは早すぎです(汗)
滑りでは山頂直下の大斜面TOPまでしか行ったことがなかったけれど、同行のMさんがラーメン食べている間にピークを踏んできました。
今シーズンは悲しい事故のあったこの山。
今もどこかに眠る若い人に、心の中で祈ってきた。

雪もなかなか良いザラメで心地よく滑走。下部は雨列と汚れ雪に足をとられつつも、まあまあ。。
カリントウ
森の中では↑の落とし主(エゾライチョウ)にも会えたし。(注;ストックじゃなくて、右のカリントウみたいなの)
帰り道では
ザゼンソウ
ずっと見たかったザゼンソウも見つけちゃったし
ビール飲みながらバードウォッチングしたり(笑)

山に鳥に花に山菜に酒に・・・あ~、なんて忙しいんでしょ

200%楽しんだ快晴の週末でした~
スポンサーサイト



2010.05.17 / Top↑