上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
相当久しぶりに料理教室に行ってきました!

ベタホ

メニューは「きのことねぎのキッシュ」「カリフラワーのポタージュ」「クリスマスのアンティパスト3種」
です。
キッシュは昔、ニセコの某・洋風居酒屋さんでお手伝いしていたときのメニューにあって以来、ずぅ~っと気になっていた料理でした。
時間の限られたお教室なので、生地は既にねかせてあるものを使いますが、生地焼きからスタート。
ネタに使うヤマブシタケは白くてふさふさしたキノコで、これまた初対面。(ん、、、もしかしたら山ん中で見てるかも??)グループでの実習なので、全てが思い通りにはならないけど、具を細か目にきった方が、切り分けるときに綺麗にできることが分かりました。
ウチにはオーブンないけど、小さく作ってトースターで焼けないかな・・・?

オードブルは「ほうれん草のツリー仕立て」「チコリとスモークサーモンのオードブル」「たまねぎとチキンのオリーブ蒸し」
調理は簡単だけど、不器用な私はデコレーションに時間をかけました
きっとこんなの作ることはもうないからもっとひとつずつ写真撮っておけばよかったな~

ポタージュスープって、裏ごしが面倒!ってイメージがあったけれど、そうかミキサーでOKなのね。
なんで今まで気づかなかったんだろう。
これは早速作ろうかな?

このところ在宅時間が極端に少なくてマトモな料理をしていなかったので、よい刺激になりました
スポンサーサイト
2009.11.26 / Top↑
沈まぬ太陽全5巻、やっと読み終わりました。
長かったな~っ
映画はお尻が痛くなりそうだな~っ

山崎豊子さんのパワフルな取材力は圧巻です。
さすが新聞記者出身。
理念を持って成し遂げた仕事、という印象が強いです。
200人以上の人にインタビューし、5年にわたって書き上げた大作であることは誰が見ても明白ですね。すごい!!

ただ、私自身の個人的な感想としては、やはり荒さが目立つというか、繊細・精緻さを感じない、といった(なぜか)不満が残るのです。

限りなくフィクションに近い(んでしょ?)とはいえ、あくまでも小説ですから、どこまでが事実でどこからが脚色なのかは分かりませんが、一個人の性格ってそんな一辺倒なものではないのでは???と、どうしても思ってしまうのです。
例えば主人公の恩地。地道で正直で清廉潔白な姿は一見、読者の胸を打つようにも見えるけど「そりゃあないだろ」「そんな人、いるの?」って感じる人もいるのではないかな。
その感想は自分の腹黒さ(?)を露呈するようで言いにくいですけどね(笑)

人間誰でも、多面性を持っているし、だからこそ面白い、と思っている私にとっては、勧善懲悪的な視点で書かれている(本の中では懲悪、まで至らないけど)この本は、ちょっとお口に合わないのかな・・・?

友人はブログで、この小説は昭和の手法で書かれているし(現代ではそもそも、このような内容を小説で書くわけにはいかない)登場人物も昭和時代の「理念を背負った人」だと書いていました。(合ってるかなぁ・汗)
なるほどな、私の感じた違和感は、私が既に昭和の人ではないってことなのかな・・・?

などなど、この本を読みながら、自分を客観的に眺める機会が多かったのも、これが骨太の作品だからなのでしょう~

つまり面白かったってことです、ハイ。
2009.11.26 / Top↑
夏山と冬山の端境期となれば旅に出るのが通例となっているここ数年だったが、この連休は旅に出ず。

連休前夜。シンガポールから来た遺伝子ドクターを囲む会(?っていうか、酒宴)に同席させてもらう。
公用語はもちろん英語。
しかも内容、むずかし~っす
でも、人間のゲノムを解明した。お次はフグ(魚のね)なんて話を興味深く伺う。
伺う、っつーたって、どんだけ理解できたかは永遠の謎ではありますが。。。
フグは猛毒を持っているのに、なぜフグ自身はその毒で死なないのか?という謎賭けがおもしろかったっす。
あと、シンガポールの近年30年間における成長と、対比しての日本の衰退。
思わず、シンガポールの官僚はマトモなんですか?と聞いてしまいました。
かなりマトモでデキルそうです。
日本と大きく違うのは、小さな政府であり、1人の官僚もしくは大臣レベルですぐに決定事項が出せることだ、とのこと。
日本は階層構造が複雑でしょ?って。
ごもっともで・・・

連休中日、黒岳にて初滑り~
01.jpg
10月に幼馴染と訪れた景色とあまり変わりませんが・・・?
02.jpg
まだブッシュは多いものの、まあまあ積もってました。
午後は天気も回復するし。

最終日はぶらぶらしながら帰札。
03.jpg
は岩見沢某所にあるマヤコーヒー。
ここではグアテマラの無農薬珈琲豆を焙煎して売ってくれます。
営業時間内に通りかかることが少ないので、なかなか買えませんが、最近は専らここの深煎りです。
お店のHPを見ても、そのこだわりの深さに共感します。

04.jpg
そして、結構ずっと気になっていた、栗山は小林酒造。
ワンカップに杉の薄い板(?)を入れた樽酒風味のものとか、先般、函館のお鮨屋さんで堪能した北海278とか、、、日本酒の消費の減る中で、頑張っていらっしゃる道内有数の造り酒屋さんだなぁ、との印象が深かったので、このチャンスにレッツゴー。でした。

06.jpg
帰札後はYちゃんとNACナイターへ。
ちょこっとリードしてみたり、、、
サクっとヘロって、帰宅。

07.jpg
今日は北海278に乾杯で~す。
アテは熊野古道で買ってきた自家製コンニャク。

旅には出なかったけど、なんとなく、なんとなく、いろんなことが出来た3日間。
2009.11.24 / Top↑
先月末から今月頭にかけて、熊野古道・小辺路に行ってきました。
新緑の季節にも同じルートを歩いているけど、http://kozarun.blog74.fc2.com/blog-entry-36.html秋はまた趣が違ってそれぞれのよさ、でした。
kohe0.jpg
小辺路は高野山から出発します。ここの標高は約1000m、紅葉もちょうど見ごろでした。
    kohe1.jpg
高野山の総本山・金剛峰寺の曼荼羅。  ここに宇宙が凝縮されているって・・・なんだかドキドキしちゃうのは私だけ?

kohe2.jpg     kohe3.jpg
翌日からは、毎日、歩け歩け!の峠越え。 歴史の長い道だから、随所にお地蔵さんも。

kohe6.jpg   kohe5.jpg   kohe4.jpg
深い谷にはつり橋が    お化けのような杉の大木。   そう、このあたりは松茸山なのだ~ 
            防風林がン百年経ってこんな姿に!! (もちろんいただきまつたけご飯♪)                                     

kohe8.jpg
ここは、道中で一番のお気に入り‘果無集落’「にほんの里100選」にも選ばれているというけど、まさに農村の原風景かな。(詳しくは⇒http://totsukawa.jugem.jp/trackback/44)

kohe9.jpg


4日間かけて歩きとおしてきた峠をバックに記念撮影
一番右は、遥々スイスからやってきた旧友
温泉につかって「GOKURAKU GOKURAKU」って言葉を覚えて帰りました(笑)

熊野古道を訪れたのはかれこれこれで3度目になりますが、いつ来ても心に染みる旅。
昔話満載のタイムトンネルの中を山歩きしてる気分かなぁ・・・
2009.11.19 / Top↑
先週末は、悪天の中お散歩プチ登山
感謝祭1



感謝祭2
サメガレイのおつくり→

感謝祭3
全体像→

感謝祭4
天ぷら

・・・つまり・・・消費カロリー<<<摂取カロリー・・・
な日曜日でしたとさ。チャンチャン


2009.11.17 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。