FC2ブログ
今日は花輪線と五能線を乗り継ぎ、名実共にローカル線の旅。
途中、安比高原から4駅分を自転車で。
道路脇に「不動の滝」という看板を見つけ、軽い気持ちで入って行くと…なんだか途中から結構な上り坂。
そりゃそうだよね~滝だもんザックを道端にデポして鉢巻を締め直す。走ること30分位で到着。
滝は神社としてお祀りしてあり、なかなかの規模。滝自体は高さ30メートル位の2段のものだが、下流の穏やかなせせらぎと比べると引き立っている。
横の公園でのんびりしてからダウンヒルで目的の駅まで行くも、まだ次の列車まで1時間近くある。
駅員さんに次の駅の場所を聞いても「さあ、私も道から行ったことないがらわからねぇなぁ~」となんとものどかなお答え(笑)
線路上の距離で3キロ弱だそうなので、探しながら行ってみた。
駅で列車を待っている間に聞こえたのは野鳥の合唱のみ。
いやあ…のんびりしちゃうね~

え?三角山の我が家と変わんないって?
まあ確かに…(^_^;)
スポンサーサイト



2008.05.05 / Top↑
今回の本命をクリアしたので、あとは本当に行き当たりばったりの旅。
釜石に出るか盛岡に出るかも迷いつつ、そろそろ洗濯もしたいので盛岡へ。
が、しかし駅周辺の宿はどこも満室。
交番でお巡りさんに相談して、健康ランドを教えてもらった。
なるべく安い方がいいんでしょ?
あ、はい、やっぱりそう見えますか(^_^;)

健康ランドというモノに泊まるのは初めて。
イマイチ勝手がわからないが、どうやらスーパー銭湯+簡易宿泊所ってことらしい。
連休真っ最中で併設の居酒屋は満杯。しかも持ち込み禁止ってことは今夜の私の夕食は自販機のビールと売店のつまみですか…(-。-;)
昨夜のタイマグラとのあまりのギャップを若干笑えない感じ。

でも、コインランドリー完備は助かった!
さて、明日はどうしようかな~と考えてたのは既に夢の中でしたとさ。
2008.05.05 / Top↑
上有住2  上有住

以前、たまたまテントを張った上有住(かみありす)という駅に、鍾乳洞が二つあるので行ってみた。
意外にも長蛇の列。
入るや否や、出てくるじいさんが「どけどけ、思いやりってのがないのか!!」と、なにやら荒れた様子。
なんだあれ?
と思いながら進んである意味びっくりする。
腰をかがめないととても進めないような洞窟なのに、一方通行じゃない。
構造上仕方がない部分もあろうが、入洞前に説明もなければ、人数のコントロールもされてない。
ヘルメットは貸し出しているものの、これで中で何かあったらパニック、死者続出必至だ。
途中にはほとんど解説もなく、ここを所有(?)してしる住田観光とやらの「見せ物小屋経営」がモロバレだ。メインの洞窟(鍾乳洞っていうより、無理やり掘った洞窟に見える)の最終地点に大きな滝があるのだが、それを見せてハイおしまい。だった。
道内のとある観光地の各企業も似たようなものだったが、上有住に思い入れがあって来た者としてはかなりガッカリ。
二つ目の白蓮洞に至っては、無人でほったらかし。入口に「住田観光に無断で入洞して事故があっても一切関知しません」の看板。
おいおい、管理すらできないなら既得権を主張するなよ…と呆れる。
鍾乳洞にはいろんな歴史や科学が詰まってるんだから、そういうものを見せたらいいのに、あやつらは客が札束にしか見えてないんだろうな…
すぐ前を歩いていた女の子が「龍泉洞はもう一度行きたいけど、ここはもう一度で沢山だね」と言っていたが、まさにこういうことなのだ。
もっとガンバレ、日本の観光地!!
2008.05.05 / Top↑
タイマグラから遠野に出るには荒川高原を抜ける大規模林道が便利らしい。
でも、上り標高差500mに怖じ気づく。
なんてったって、前の日にタイマグラまで自走しただけでもお尻が痛くなってきてる。
大して乗らないし、とレーパンを置いてきたのと、予想外に荷物の重さが背中にくるせいだ。
直立よりも確かにチャリの着座姿勢は腰に悪そうではあるよね。
同宿の方も遠野方面ということで、上りだけ車に乗せてもらう。
頂上付近の展望台で自転車になり、高原の中をダウンヒル♪
これはかなり気持ちいい~
まだ正式には開いてない林道なので、交通量も少ないし。
早池峰の残雪に別れを告げながら~(^-^)ノ~~
途中、バイクのトライアル大会なんぞを見物したお陰で、列車には滑り込み。
逃すと夕方までないからアブナイアブナイ(^_^;)
遠野で河童釣ってる暇なくて残念!
2008.05.05 / Top↑