上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日曜日は栗山・小林酒造さんの酒蔵まつりのお手伝いに行ってきました
自転車でふらっと行ってみた一昨年、その熱気に圧倒され、昨年はお手伝い側に。
今年で2年目です。
(北の錦パートナーズと称してお手伝いを招集してくれる専務・精志さんは「みなさんはお手伝いじゃなくて『主催者』だと思ってます、と言ってくださるけど

開場は10時のはずなのに、8時半に着くと既に人・人・人
屋台や和太鼓などの出し物も出て、毎年活気に満ち溢れ(過ぎた?)お祭りです。
年々、来場者数が増え続けていて、今年は土日合わせて2万6千人の人出だったそうな。


IMGP5965.jpg
普段から無料で見学できる北の錦記念館

IMGP5964.jpg
酒蔵見学にも多くの人が
でも、酒蔵そっちのけの人もきっと多くて、やっぱり一番人気なのは

IMGP5972.jpg
試飲コーナーなのですね
私がお手伝いしたのも、無料試飲コーナー、押し寄せる人波に、ひたすらお酒を注ぎ続けます
酒蔵まつり限定のお酒はどんどんと売り切れて、次々に別の銘柄が運び込まれ
多くは良識あるお客さんですが、中には「16杯ください」「20杯ください」という方も
ここは飲み放題じゃありませんよ~、皆さんに味見していただく試飲ですよ~、と喉元まで出かかるってもんです

正直、個人的にはバーゲンとか、食べ放題とか、無料○○のようなヒトの欲望がむき出しになる場面を目撃するのはかなり苦手です。
「千と千尋の神隠し」の最初のシーンを思い出して、すべてがブタに見えてきます。(でもアレって、豚に失礼じゃないかしらね)他人のことだけじゃなくて、当然、自分のことも振り返り、なおさらね。
なので日頃はあまりそういう場所には近づかないようにしています(笑)

それでも感動するのは、終わった後に精志さんが話してくれたこんなエピソード。
この酒蔵まつりは始めてから何年もの間、大赤字だったのだけど、先代の社長はそれはよしとして、地元の人がこの日は無礼講(?)と飲んで、いい気持になって、北の錦に親しんでくれればそれでいい、と考えて祭りを続けてきた。とのこと。
IMGP5975.jpg
北の錦、現・社屋↑

いつもインスパイアーされるのは、専務・精志さんのものすごく熱い姿勢と、お客さんとの会話力。
押し合いへし合い、下手すれば喧嘩が起きかねない人ごみに向けて
「はいはい、後ろの人、押さないでくださいね!さっきは押されすぎてカツラが飛んじゃった人がいましたよ」なんて声が聞こえてくると、お客さんたちも、ちょっと必死気味になってる私たちもホッと笑えてしまう。

そしてもう一つ嬉しいのは、この日に集まる北の錦ファンのみなさんとの語らい
(本当は毎月イベントがあるのだけど、、、私は行けてない)
pa-tona-B.jpg
試飲コーナーお手伝いの面々。精志さん以外、全員、社員じゃなくて「ファン」です
たった一日だけど、大声を張り上げて一緒に働いた仲間感は、なんだか高校の文化祭のようでもある。
大人になると、そんな機会も少ないしね。。。
酒瓶を持ち続けた右手は危うく腱鞘炎が再発しそうで、腰もバリバリだったけど。楽しい春の一日でした
スポンサーサイト
2012.04.19 / Top↑
今年もこんな季節になりました「札幌タパス」イベント好きってほどじゃないけれど、これは知り合いが主催していることもあって、割と参加しているかな。。。
Tちゃんと一緒に、回ろうね~と9枚綴りを購入してみたものの、連日の
豪雨じゃ飲み歩きもままならないので、まずはランチで
110906_1359~01
職場のご近所にお店発見。フランス・ビストロ料理とワイン「モンペール」へ。お店へ入った途端、「あ、〇〇キチ!」(←私のことね)って呼ばれてプチびっくり。Mさんお仕事ご苦労様です。
110906_1331~01
お肉と魚の盛り合わせ&ワインのちょっと贅沢気分なランチ鶏肉が白いソースで魚がトマトソースなところがいいですね。

なんとか雨も上がったので、夜は2人で地元へ繰り出しました
110906_2031~01
Restrant RIO@裏参道 地図を見て最初???だったけれど、そういえば割と最近お店が出来てたのでした。
またまた入るや否や「あ、〇〇〇さん」(←同じく私のこと)って声がして、知り合いのご夫婦が。
みんな似たような行動様式のようでして

1杯&一皿なので、サクサク次に行きましょう~
110906_2056~01
同じく裏参道「バル・タベルナ ドン・バロン」すっかり忘れていたけれど、何年か前のタパスでみんなで来た気がするね。。。と2人でうなずく。ここは好みに合うので、普段でもまた来たいな。

110906_2203~01 110906_2141~01
3軒目はちょっと南に下って「檀」おしゃれで高級感のあるお店。タパス以外の人も沢山いて、なんとか座れました。
タパスじゃなかったらきっと敷居をまたげないな・・・
そんなお店にも気軽に行けちゃうのがこのイベントのいいところ。
普段は1軒に居座りがちな私たちも、3軒+タパス以外の行きつけ1軒、4軒もはしご酒~

110907_1407~01 110907_1455~01
ラスト1枚はまたまたランチ利用。いつも通っているビルの地下2階にこんなスペースがあったなんて
CAI02 アートギャラリー&カウンターカフェ。都会の穴ぐら的スペース。すっかり気に入りました
ずっと本を読みながら過ごしたけれど、カウンターの向こうでは個展をやっている女性とお店のマスターがアート談義。
思わず耳がピクピクしたりして。

2人でたった¥6200だけど、なんだかとっても贅沢をした気分。楽しかった~
2011.09.07 / Top↑
少し間が空いてしまったけれど。。。
4月9-10日の二日間、栗山町の小林酒造で酒蔵まつりが行われた。
道新の記事などでずっと気になっていた酒蔵さん。
記憶では、ワンカップに薄い杉の板を入れて香り高い樽酒ワンカップを作ってみたり、なかなか消費者の心をくすぐる企画が沢山あり、素敵な会社とお見受けしていた。
去年はこの酒蔵まつりに一人でプチツーリングがてら行ったのだけど、その人気と熱気にびっくり

こりゃぁ今年はもっとDEEPに参加したいっ!!・・・と思っていたところに、お話を頂き、
北の錦パートナーズとして、試飲コーナーのお手伝いに行ってきました。
http://http://www.kitanonishiki.com/kitanonishiki/news/index.html


すっかりその気になって、お客さんにお酒を勧めるワタシ↑
ちなみに「小林酒造を代表するお酒、純米大吟醸・魂醸、一升壱萬円也。」です。
奥にちょっと写っているのが小林酒造の専務・小林精志さん。
いつお会いしても、心の底から一生懸命。
もちろん北の錦のお酒そのものも好きですが、精志さんの姿勢にいつもインスパイアーされるのです。

moblog_e3bf472d.jpg
酒蔵まつり限定のお酒も何種類も販売されますが、試飲、販売共に午前中には売り切れ続出の勢い。

moblog_ec29728a.jpg moblog_87d98a56.jpg

今年は大震災から1ヶ月というタイミングでもあり、どのくらいのお客さんが来るのかという不安。
そもそも「祭り」とつくイベントの開催もかなり考えられ、そして開催を決断されたとのことでしたが、
お客さんの人数、売れ行きも上々、売上げ割合での義捐金目標額も達成されたそうです。

パワフルな北の錦さんに、これからもエールを送り続けま~す
(いや、別に、おいらが毎晩呑んだくれるとか、そういう文脈ではなくて、ね。(笑))
2011.04.23 / Top↑
道産子の味といえば飯寿司である。

と断言してよいかどうかは甚だ疑問ではあるけれどw
私にとって、道産子の母の味はお母さんの漬ける飯寿司(いずし、と読む)だ。
もちろん、道内には私の母はいないので、飯寿司=憧れの味、なワケ。
(飯寿司@ウィキ抜粋;ご飯・米麹・魚・野菜を桶に入れ、重石をのせて漬け込み、乳酸発酵させて作るなれずしの一種。)

スーパーでも売っているけど、いろいろと添加物が入っていそうなわりに、高い。
自分で漬けたいのもやまやまだけど、ちょっと難しそうだし。。。
なんて考えあぐねていた矢先、よく通る国道沿いに手作り飯寿司を売っているお店を発見した
b1_20110307213650.jpg
少し前に道新にも載ったようなのでご存知の方もいるかも・・・?
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/shiribeshi_tabi/115517.html
小樽と札幌のちょうど境目、5号線沿いにある「ひろせ商店」さん。
漬物専門ではなく、お酒に雑貨、灯油まで扱っているいわゆる雑貨屋さんなのだけれど、自宅用に漬けた飯寿司などを店に並べるうちに評判になったというから、味はホンモノですね(^_-)
お金だけじゃ解決できない味が近場に見つかった感動~~~

初めて寄った際も、屈託の無いお母さんが、飯寿司の作り方に興味津々の私にいろいろ話してくれた。
作っている人=売っている人 という店は実はそう多くはない。
モノにしても技術にしても、実際に手にかけている人の体温を感じられるシーンて、すごく素敵だと思うな~


前回、3つの魚種の飯寿司を買って、とっても美味しかったので、今回はドドーンと1.5kgも大人買い(笑)
おまけも頂いたので、現在、ウチの冷凍庫は彼らで満員ですwww
季節モノだから、次に買いに行くのは今年の暮れになるのかな。。。
2011.03.07 / Top↑
昨夜は満月久しぶりにバルこざる山荘を開店してみました。
先般、中華鍋で作ったパエリアに再挑戦したくて、今回はスペイン料理風~

01_20100826125524.jpg 02_20100826125524.jpg
スペインオムレツは予定になかったけれど、食欲旺盛な野人様が来店と聞いて、急遽エントリー(笑)
パエリアはアサリがご飯にもぐっちゃったので、みんなに潮干狩りしてもらいました?!
今回はトマト缶を使ってみたけど(バレンシア風?)個人的にはトマトなしの方が好みかも。
スペインに食材探しの旅に行ったことのあるQちゃんによれば、直径1mくらいの大きなパエリアパンがあるんだって・・・
それを使えるコンロってどんなことになってるんだろう~

05_20100826125525.jpg
生ラムのカルパッチョと、あ!トマト煮込み写真忘れた。
羊肉苦手のQちゃんも、これはクセがないと言って食べてくれたのは嬉しかったな

豆腐とアボガドサラダ&グリーンサラダwTもっちゃんポテトサラダ

Qちゃんはなんと、熱海でご購入のクサヤ庭で炭火で焼いてくれました。
階下の隣人に臭ってなければいいんだけど・・・
文学女子Sなちゃんによると「鼻の周りを牛馬が駆け巡って」いるようなかほりでございました。
併せてもってきてくれた焼酎!やっぱり食べ物と飲み物は同郷同士が合いますね。

「バルこざる」とメールしただけでCAVAをもってきてくれたTちゃん、さすがです。
そして開店前にわざわざお運びいただいたYじさん・Rカ・Sなちゃんからのスパークリングワインもとっても美味でした。(こざるマグありがとう!可愛すぎです)

Yなちゃんは、07_20100826125525.jpg 08.jpg
お手製ケーキを我が家でデコレーションしてくれました
あ、ちなみにロウソクの数は正確には何本?の質問にはノーコメントです(笑)

全部書ききれないけど、皆様プレゼントや持ち寄りありがとうございました。
そして何よりもうれしいのは、こうしてみんなが来てくれてわいわい出来ること


06_20100826125525.jpg   03_20100826134318.jpg



Lovely Fullmoon Night はこうして更けゆくのでした
2010.08.26 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。